Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 真意

なんかちょっと批判的な記事になるけど、
無意味な愛想笑いとか、取り繕った言葉とか
社交辞令とか、意味のない会話とか
中身のない表面だけを飾った言葉とか、大嫌い。
そういうのを見てると、イライラしてくる。

自分で何言ってるかわかってるんだろうか。
考えるのがめんどくさいから、表面だけで話してるんじゃないんだろうか。
摩擦を極力避けたいがために、変に笑顔作ってるんじゃないんだろうか。

今でこそ穏やかに見られるけど、昔の自分って結構とげとげしかった。
きっと昔の自分が見たら、今の自分にイライラするだろうな。

なんのオチもないけど、何を感じたかと言うと
万人受けをしようとする必要は全くないなということです。
自分の頭で考えて自分の言葉をちゃんと話す人間になりたいなと。
スポンサーサイト
つっちーのぼやき | comment(1)   trackback(0)

 帰国の恐怖

日本に帰るまで、1ヶ月となりました。

ずうっと前にも書いたかと思うけど、日本に帰って何が一番怖いかと言うと
いろんな人にいろいろ突っ込まれることです。

「結婚しないの?」
「そろそろ妥協したほうがいいんじゃない」
「仕事一筋なんだー」
「いつまでバカなことやってるの」


などなど。
などなど。
カナダにいると全く気にしなくてもいいこと。

ま、心配してくださるのはありがたい!
言われるうちが華と、何人かが言ってた。

でもほんとに心配されてんだろうか。
心配されていると言うよりも、日本の風潮として、なんか女で独身だと
「かわいそう」
という風に見られている気がする。

そういう感じなので、たまに自分でも自分の事をかわいそうと思ったりもしないでもない。
たまに自分の持っていない物を挙げ連ねてみて、落ちたりする。

でも、実際かわいそうなのかな?と冷静に考えてみると
全然自分、かわいそうじゃない。
違う面で、ものすごく恵まれてる。

そりゃ、いろんな人と比べたりしてたらきりがないけど。

まあ、でもたくさんの面においていっぱい甘さがあるので、やっぱ大きなこと言えないな。
何にしても、自分の持っている物や知識を出来るだけ世の中に還元して行きたいと思います。

時折、世の中には本当に自分の知らないすごいことがたっくさんあるんだなあって気付かされる。
たまに思うのが、自分個人の幸せというものって、必ずしもそれが使命で生まれてこない人もいるんじゃないかなあと。
自分個人よりも、別の使命で生きる人もいるのかもしれない。
だから例えばどんな生き方であっても、かわいそうであるはずがないんだ。

たまに疲れたら愚痴聞いて欲しいけど、
かわいそうって見下されたくはないな。。

そんな感じでだらだら考えつつ、明日のラジオ収録の準備中。
ネタは敬老で行こうかな。

お年寄り(うちの親を含め)に、ありがとーう。
つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

 待てません

一度日本に帰ると決めた以上、もう待てません。
とにかく今すぐ帰りたい。

もともとバンフには働くという目的で来たし、それも果たしたし。
バンフセンターもすごく興味があって来たけど。

ここでの最大とも言える遊び、山関係は全然やらなかった。
スキーもスノボも全然。
ハイキングも全然。
正直あたしみたいなのは、この町の人間にはつまんないと思う。
一度くらいハイキング行ってみたいけど。
トンネルマウンテンには行ったけど、あれは散歩のカテゴリーに入る。ハイキングとまではいかないな。

待ってるんじゃ時間が長く感じすぎるから、残すところで出来ることをたくさんしなくては。。
考えてみるとやれることいっぱいあるんだよな。

もうすぐ8月も終わる。
夏って気分を感じる機会がほんとに少ない夏だった。
今朝なんて5℃とかだったし。寒い。
ほぼ長袖で過ごした夏。

正直言っちゃうと、バンフ、最初の印象からずっと好きになれなかった。
きれいな町だし、町自体は好き。
ローカルの人達も好き。
でも観光地で旅行者だらけで、短期滞在の人達が多くて、そう言うのは今1年過ぎても馴染めない。

ある意味楽しい。ほんとに。いろーーんな人達がいて。世界中の人達を見るのは楽しい。
でも、馴染めない。
大きな都会ならわかるけど、こんな小さな町で毎日毎日違う人ばかり多くて。
出会う人達も、数ヶ月後には別れるってことわかってるから付き合いもあっさり。
新しい人と出会ってはすぐさようなら。
やっぱり自分には合わなかった。

でも、仕事の面では恵まれてたんだと思う。
ちゃんと働くことが出来てほんとよかった。
目標としてた一年も過ぎた。
一番の目的は果たした。
こういう場を与えてくれたバンフに感謝。

特に去年の夏から秋は、すごく充実してた。
今はちょっと火が消え気味。
最後の火がくすぶってる感じです。

こういう時間も、後から思うときっと懐かしいんだろうな。
だからもう少しちゃんと充実させなきゃ。

何か変化がある時期までの準備期間って、いつもやきもきする。
黙ってても時間はやって来るから、今を楽しまなきゃ。。
なんて自分に言い聞かせてます。

うーん、でもやっぱり待ちきれない。
つっちーのぼやき | comment(2)   trackback(0)

 日本帰国計画~奄美滞在

今、と言うか数年前から、自分の中で奄美が熱いです。
そもそも島唄から入ったんだけど、調べれば調べるほど魅力的!

音楽はもちろんだけど、その海と山。
カナダの山奥に長いこと住んでいて、海側で育った自分としては最近かなり海に飢えています。
地元秋田もそうなんだけど、奄美は特に島、海と山が両方すぐ近くにある!!

そして食べ物。
カナダに来てから東京に住んでた時以上にヘルシーな食生活を徹底している自分としては、奄美の食事はやばすぎます。

豆腐。
ゴーヤ。
薬膳。

日本料理一般ですらかなりすでにやばいのに、それにゴーヤと来たら倒れそうです。

ま、今はそれくらいしか正直知らないんだけど。。

とりあえず音楽と自然とおいしい食事が揃えば、もうこれに勝るものはない感じ。。

と言うことで帰国したら、北の実家に帰る前に真っ先に3週間ほど奄美に行きます。
三味線と唄本とカメラ持って。
そのまま住んじゃったらごめんなさい。
つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

 カナダから買って帰りたい日用品

ちょっとテーマを変えて、日用品の話。
日本に帰ったらあんま簡単に手に入らなさそうな物を、こっちである程度買って行かなきゃなーと思ってます。

まず化粧品。
最近ずっと気に入って使ってるのが、Physicians FormulaのMineral wearシリーズ
タルクフリー、無香料、そんでミネラルというだけあってナチュラル。
ここのリキッドファンデとパウダー、そしてチークがかなり気に入って使ってる。しかもどこのドラッグストアでも売ってて、安い。
同じ会社のOrganic Wearシリーズもいい感じだけど、なんか原料の匂いが気になる。
いずれにしてもこの会社、もともと敏感肌を考慮して作ってるみたいで、肌に優しい気がする。

スキンケアはAubreyが日本でも売ってるけど、こっちで売ってるのと比べるとめっちゃ高い。最近はずっとAvalon Organicsのスキントナーを使ってるけど、これ日本で売ってるのかなあ。。通販かな。

あと絶対買って行かなきゃって思ってるのが、ココナッツオイル。
日本でなかなか売ってないし、通販で買っても結構高い。カナダの倍くらいしそう。。
それに質のいいものじゃないと、ちゃんとあの甘~い香りがしてこないし。
これ超優れもので、食用としてももちろん使えるし、スキンケア、ヘアケアにも使える。
高いフェイスクリーム、ボディークリーム、ハンドクリーム、ヘアクリームなんてそれぞれ揃えなくても、ピュアないい香りのするココナッツオイルで全部事足りる。
カナダにいて、自分の中での最大のヒット商品かも。食べれるスキンケア。

あと、なんだろ。石けんかなあ。
こっちにいると、安くていい香りで質のいい手作り石けんがたくさん売ってる。
ネルソン周辺では、Mountain Skyとか。ここのWild Rose soap大好き。
ロッキーにもRocky Mountain Soapがあるけど、ちょっと高めなんで使った事ない。

今アルバータに住んでるけど、やっぱ食べ物とかスキンケアとか健康食品とか、BC州の方がすんごく品揃えが抱負で意識も高いなーって思う。
安く買えるのはアルバータだけど。
つっちーのぼやき | comment(1)   trackback(0)

 帰ります

日本はお盆真っ盛りなんだろうな。
そんで、暑そう!

ここバンフは、

寒いです

あり得ません。8月なのに!
現在の気温、15度とか19度とか、そんな辺り。
毎日長袖にジャケット着てます。
夏気分台無し。
今年ビキニ3着買ったものの、全く着る機会なし。
そもそも暑くなったとしても川の水が冷た過ぎて、泳ぐところもございません。

くちょ~~~~~!
こうなったら、バンフを去ってやる!!!

という事で、日本に帰る事にしました。
と言っても夏が終わってからだけど。

一時帰国というより、長期帰国です。
来年、移民になる方向での長期帰国。
日本でやりたい事、とてもたくさんあります。

カナダでの滞在ステータスが変わるたびにブログを新たなテーマで設置しようかなとも思うんだけど、あんまり何個もあってもややこしそう。
なので、副題だけ変えてこのブログで帰国後も続けようと思います。

これからのテーマは、移民申請と日本滞在です。あ、そのため移民は国外申請です。
無事取れるのでしょうか。。

とりあえずご報告まで!
10月末、帰国します。
つっちーのぼやき | comment(6)   trackback(0)

 お友達とつっちー

最近よく遊んでるお友達。
彼女の今日のブログにもわたしの行動が。
**** おけいこごと ****

遊びに行った時はビスコッティーを作っていたK子ちゃん。
なんだかその後残念な焼き上がりになったようで。
焦げててもいいから食べたい。

最近ラブリーな旦那様とお引っ越しした彼女。
とってもとっても素敵でおっされ~なおうちなのですよ!
白い壁に、素敵な家具。そこに並ぶカラフルで可愛いキッチン用具。
カフェに野望を注ぐ彼女が集めてるだけあって、こだわりが。
ファイヤーキングとか、ファイヤーキングとか、ファイヤーキングとか、あとパイレックスとか。。

ん?
どっかで見た気が。
kingsland

我が音楽の相棒、K氏と同じようなマグカップじゃ~あーりませんか。
K氏は車屋を営む傍ら、味のあるアンティーク雑貨を販売しているようで。
なんとも多趣味というか器が広いというか。。
そして最近気付いたこの友人達の共通点。
類は友の友をも呼ぶのでしょうか。

そんな素敵な友人達を持ったわたしは幸せものー

ところですっごくどうでもいいことをしてみました。
「つっちー」という名前で何件検索に引っかかるのか?!

わー、すごくどうでもいい。

結果:「約 311,000 件」

うん、なるほど。
そうかそうか。

。。。

ちなみにこのブログは、その検索結果の12番目に出て来ました。
なかなかやるじゃね~ですか。

ほんとどうでもいいので
ちょっと部屋片付けて寝ます!

民謡系音楽仲間のK氏とお笑い系尺八プレイヤーF氏は、今頃地元でライブをやっているはず。。
こないだの帰国で会ったけど、すでに会いたい。話したい。笑わせてもらいたい。Miss them~。

おやすみなさい。
つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

 星座と周りの友達の話

占いって、いったい信憑性があるのかといえば全くないと現実的に言えるのだろうけど、なんかそういう神秘的なものにハマっちゃう。
ここ最近ハマっているのが算命学というものなんだけど、ちょっとここでは星座の話。

星座と言っても奥が深くて、ホロスコープを出すと、一般的に知られるメインの太陽星座だけではなく、月や金星などいろんな場所に星座が入ってくる。

あたし自身のメイン星座は基本的に陰気で情熱的な蠍座の女なんですけど、ちょうど自由で哲学的で開放的な射手座との境い目「カスプ」と呼ばれる位置にいて、両方の性格や特性を持っているそうな。

どんな性格だ。。

で、周りの人たちを見ると、面白いことに気付きました。
私と一緒に音楽をある程度ちゃんとやる人は、ほぼ決まって天秤座なんです!
日本でもカナダでも。
たまたまかな。
でも音楽で関わる人って、なぜか天秤座が非常に多い気がする。。おもしろ。
天秤座、音楽をやる人が多いのかな。

自分を見てみると、潜在的な性格を表す月の星座が天秤座だって。
ふーん。

なんか、星座ってエレメンツに分けられるらしく。
風水火地の4つ。
総合的な数で言うと、あたしは自由基質の風が一番多いみたい。
次に多いのは情緒を表す水と情熱の火。安定性のある地が一番少ない。

そう言えば、友達の多くは風の星座が多い。天秤と双子とか。
同じ風でも水瓶座はちょっと変人よりかも。
あ、魚座も結構いる。超ウェットでディープな関係になりがち。
射手座も多いな。
牡牛座も結構いるな。
山羊座とは親友率が高いな。
乙女座の男友達とも気が合うな。
あ、獅子座もいる。。

つか、もー何でもいいんじゃん。何のオチにもなってないわ。
つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

 二回目クレイジー

記事に書いてなかったけど、5月末にトロントに行って来た。
Next Music from TOKYO!!!っていう、クレイジーなイベントで。

これは、トロントに住むスティーブという日系カナディアンが、全て彼の実費で東京のインディーズバンド5組をカナダツアーに連れて来たと言うもの。
バンクーバー、モントリオール、トロントの3都市。
あたしがラジオ番組を持っている事から、あたしの所にプロモーションの依頼が突然来て知り合うきっかけになった。

うちの番組で数ヶ月前からメンバーにインタビューをしたり曲を紹介をしたり、そんな交流をしているうちどーーーしても公演が観たくなってトロントに飛んだ。

バンクーバー、モントリオールを終えて最終ラウンドになったトロント公演。そこで、ボーカルがマイクから感電というとてつもないハプニングがあり、3バンド目でショーは中止になった。
彼は救急で運ばれて幸い大事に至らなくて済んだものの、会場は当然の事ながら騒然だった。

民謡のツアーを間近に控えていた自分の立場からして、ツアーをコーディネートしていて起こるハプニングは人ごとじゃない気がした。その時ほんとに怖くなった。

このインディーズバンドツアーの企画者、コーディネーターは、とてつもないと思う。
バンド5組を引き連れて、しかもチケットは$10と破格。
ツアーが成功だったにしても、一体いくらの売り上げがあったんだろう。
旅費も滞在費も基本的に彼が全部受け持ったはず。

情熱と音楽に対する愛情と、それだけが全ての機動力になってて。
そんで自分がプロモーションでどんだけ動き回ってたことだろう。

ウェブサイト。新聞。ラジオ。広告。ポスター作り。ロゴ。ステッカー。会場。ボランティア集め。カメラ、映像。プレスリリース。

いろんな費用があって、売り上げなんて絶対追いつくはずない。
そんで、とんでもないハプニングもあり。
ほんとたくさんの、いろんな感情を抱えたと思う。

「割にあわない」って言ってしまえばそれで全て終わるんだなって思う。
それでも、「第二回目をやる」と言う。

利益なんていらないと言うのはきれいごとだし、働いた分の見返りは欲しい。

でも、お金ってなんだろ。
何度も自分の中で思うのが、お金を持って墓場に入るわけでもない。
相続がどーのって考えたらきりがないけど、結局人がお金を動かしているだけで、お金に動かされてるわけじゃない。
得るものはいろいろで、要は自分の願望を満たしてくれればそれで十分得たってことになるはずなんだ。

だからクレイジーな企画者そしてアーティストは、それでも二回目三回目を目指すんだ。
だからあたしも二回目目指そうと思う。
つっちーのぼやき | comment(2)   trackback(0)

 課題と学び

いろーんな事が起こったり起きるけど、あたしはそん中から果たして学んでいるのだろうか??

うーーん。

むかーしむかしの事にこだわってたり、忘れられなかったり、そういうのはやっぱり自分がそこから成長してない、学んでないってことなのかなー。

友達のブログに書いてた。
人はそれぞれ学ぶべき課題があって、避けては通れないんだって。
で、学んだら二度とそういう事起きないんだって。

うーーーん。

なんか自分には同じような事がいろいろ起きてる気が。
学んでないのかなー。
つか学ぶって何をどう学ぶんだ?

自分のアホさを丸出しにしているような記事だけど、
たまに事あるごとに「ここから何を学べっつの?」という混乱が起きる。
やっぱり学んでないらしい。

小さい頃から何をするにも人より遅かった。
人生の速度も遅い気がする。

ま、それによって別に悩んではいないんだけど、失敗から何かを学ぶってこと、バカみたいだけど苦手だなあ。。
課題は当分消えなかったりして。
つっちーのぼやき | comment(2)   trackback(0)

 カルガリー走りまくり

あ~、ぢかれたー!

昨日、ひっさびさにカルガリー行って来ました。めっちゃ忙しかった。

朝8時半過ぎのグレハンバス。満席。
前日の朝3時頃までラジオの作業してて、めっちゃ眠いまま。

10時半過ぎに着いて、その足でダウンタウンのセントラルチャーチへ挨拶に。
地元秋田からの民謡の公演にブッキングしたところ。
すんごいいい会場。大きくて、教会なだけに音響もいいし、なにしろダウンタウンのど真ん中。

そして次はUniversity of Calgaryへ。狙いはキャンパスラジオ局。
前から自分の番組を放送してもらいたくてメールしてたんだけど、直接話した方がいいと思って。
キャンパスでか!
移設したらしく、結構大きくていいスタジオ。番組は、局のボランティア優先に組んでいるんで、空きが出たら検討するとのこと。。
とにかく協力的な態度を取らねばと、募金して来ました。

そんでその後その大学の知り合いと会った。知り合いと言ってもほんとに知り合いで、前自分のラジオ番組にアプローチして来たカナダ人。
バンドやってて、日本大好きで、日本語の曲も作ってるって言うんで、2年くらい前にその子のインタビューと曲を流した。
これまで会った事なくてFacebookだけのつながりだったんだけど、ようやく対面。
ヘビメタ好きな、ほんと性格よさそうなかわいい好青年って感じ。今年9月から早稲田に1年留学するんだとか。日本語と中国語勉強してるとかで、日本語も結構しゃべれてた。

で、その後ダウンタウンに戻って領事館に行き、移民申請に必要な書類の申請。そして文化担当の方と、民謡の公演についてのミーティング。

その後Chinookへ行き、ミュージックストアとナチュラルフードストアで買い物。
バンフはこの両方がないから、カルガリー行く度にこの二つのショップは必須です。。

帰りのバスに余裕で間に合う予定で動いてたのに、土地勘がなく電車乗り過ごして遅れそうになってタクシーでバスデポへ。
時間ぴったりに着いてすんごい焦ったけど、バスは満席で追加便も出るほどで、当然のごとく20分遅れて出発した。間に合った~。

家に無事帰って来たものの、相当疲れました。
慣れない場所って必要以上に時間がかかる。

それにしてもグレハン、なんか混んでるなあ。。
つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

 パッションテスト

前の記事に書いたこの本、The Passion Test: The Effortless Path to Discovering Your Destiny
かなり自分の中でヒット!

日本語訳出てないのかな。出てないみたいだ。。

この本、自分のパーッション!をテストするってもの。
ってタイトルそのまんまなんだけど。
自分の情熱をクリアにして、実現しましょう!という本。

まず少なくとも10個、自分がこれしたい!こうなれたらいいな!ってのを書き出す。どんなでかい事でもOK。
「お金が欲しい!」とかじゃなくて、やりたい事とか叶えたい事。
「とにかく楽しく笑って生きる!」でもいいし、「出版して有名になる!」とか「アフリカで1年暮らす!」でもいい。
そんで、それを順位づける。一番から五番まで。

そしたら各項目を今度は「私は有名な作家だ」「私はアフリカにいる」とか、自分がそうなったことに置き換えて、それぞれにどういう状況か具体的に5つ書き加える。
「私は有名な作家」→「1. アマゾンのベストセラーになっている。 2. 日本各地を講演してまわっている ....」
「私はアフリカにいる」→「1. 現地でボランティア活動に参加している 2. 大地を裸足で歩いて現地化している ....」
などなど。

プロセスはいろいろあるんだけど、とにかく自分のパッションを明確にしましょう!全てはそれからです!みたいな感じ。

とにかくいい事書いてるんですよ!感動させる話がいっぱいあるんですよ!
自分の情熱を感じる事を実現化させるのに、歳も条件も全然関係ないと。

75歳で病気を持ったおじいさんが、中国で英語を教えたい!という情熱を持ち、実現させた話。
カーネルサンダースが、65歳でケンタッキーフライドチキンを開業した話。
「世界を旅したい」と願った20代の若きサイコセラピストが、たまたま参加したセミナーで知り合った男の子達とセラピーの旅に出る話。

やりたい事をはっきりと明確にしてそれに神経を集中すれば、不思議なところからそこに導いてくれることが出てくるってこと。
自分の気持ちが定まらないままだと、いつまでも実現するのもあやふやということ。

このテストは、出来れば半年に一回はやってみるようにするといいんだって。目標再確認のために。

ということで、自分のパッションを明確にしてみました。

more... »

つっちーのぼやき | comment(4)   trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。