Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 IELTS結果

今日ようやく、この前受けた英語試験、IELTSの結果が来ましたっ!

このIELTS、移民申請のために必要な英語試験。学校入るのにも必要みたい。
あたしは移民のため。

結果。

リスニング:5.5/リーディング:6.0/ライティング:6.0/スピーキング:7.0
トータル:6.0

一番大丈夫だと思ってたリスニングが低かった!
でも正直結構聞き取るのテンパってたかも。。あっという間に答えが流れちゃうんだよね、この試験。
リーディング苦戦したけど、今回リスニングより高かったのは意外。
スピーキングが一番点数取れてたのは、時間切れになってもしゃべってたのもあるのかな。
ラジオの経験が絶対役立ってる気がする。

とりあえず、5.0あれば大丈夫だったので、めでたくパス!!

それにしても、もう少し英語力のばしたいわ。。
こんだけ長いことカナダにいるのにこの程度って、努力してない結果かもしれない。
我ながら、よくこんなんでカレッジ卒業できたよなあ。
めんどくさがらずに物事に取り組むようにしなきゃ。
スポンサーサイト
英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)

 IELTSハプニング

もーなんつーか、ほんと疲れちゃいました。
昨日カルガリーで、IELTSって英語のテストでした。

朝こっぱやかったんで、前日からカルガリー入りして一泊。
いつものようにグレハンが遅れ、予定より1時間以上遅く到着。
まず日本人の美容師さんとこに髪切りに行って、そのあと音楽ショップでウクレレのワークショップ受けて、んでホステルで知り合った子と友達のライブを見に行きました。

テスト当日、予定よりも早く起きて会場が開く8時前に着いた。もうすでに人がいっぱい。
みんな超やる気満々~。

試験会場には鉛筆消しゴム、パスポート以外一切持ち込み禁止。時計も。
9時にテストが始まって、リスニング30分、リーディング60分、ライティング60分、ほんで午後にはスピーキング15分程。

リスニングが終わってリーディングテストが始まり、問題用紙が配られる。
リーディングとライティングは、学生対象のアカデミックと、移民などに申請する一般用の2種類。
もちろんあたしは一般で申し込んでたんだけど、なぜかアカデミック用の問題が。

「すいません、私一般受けるんですけど」
試験管に言ったら、
「えっ、あなたはアカデミックになってますよ」
「いえ、一般で申し込みましたけど」
「。。ちょっと待ってください」


そんなんで、他のみんながテスト開始してんのにあたしだけ取り残されるはめに。
待ってる間、受験番号と一緒に机に貼られた自分の顔写真に落書きしたりする。

10分くらいしてから、一般用の問題がやっと渡されました。
結局、会場側のミス。

その後係の人がやって来て、違う部屋に移された。
「本当にすみません、こちらのミスです。開始時間があなただけ違うから、この部屋で個別に受けてください」

と言う事で、異例の個別受験となりました。
むしろ集中できてラッキー

スピーキングの面接は個人個人違ってて、あたしは2時から。
質問内容は、歩く事にどんなベネフィットがあるかとか、思い出に残ったお散歩の話とか、文明の進化は人間の生活にどんな影響を与えているかとか、そんなん。
あまり興味ある話題じゃなかったから、回答にちょっと迷ってしまいました。
まあ。。なんとかなったでしょ。

それにしても!
このIELTSって、というか一般的に本格的なテストってそうだと思うけど、指示があるまで問題用紙を開いちゃいけない事になってる。
説明も受けるし、表紙にも書いてる。
それを忠実に守るのが日本人。
周り見て、ほとんどの中国人、あと中東系(だと思う)が守ってなかった。
テスト始まる前からバリバリ問題広げてめっちゃ全ページチェックしまくってる。
試験監に注意されてもまたやるんだもん、確信犯としか思えない。
なんか見ててかちん。
そこまでしていい点取りたいんかい。

ま、それはともかく、ハードな二日間でした。
カルガリーからの帰りのバス、またいつものように1時間くらい遅れました。
まじちかれた。

結果どうだろうなあーーー。
英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)

 読書モード

最近いろんな本読んでます。
このブログに「つっちーの本棚」ってブログパーツをくっつけて、そこに読んでるもの/読んだものなど載せてます。

英語だからとこれまでめんどくさくて本を避けてたけど、元々読書が大好きで。インドア派の文科系。

小説も好きだけど、大人になってから読むのはもっぱらノンフィクション、ジャーナル、スピリチュアル、教養、実用系。

その中でもこれが一番最近ハマった。
The Passion Test: The Effortless Path to Discovering Your DestinyThe Passion Test: The Effortless Path to Discovering Your Destiny
(2007/10/04)
Janet AttwoodChris Attwood

商品詳細を見る

自分のやりたい事を明確にして、その実現へ導く本。
結構実践的。
たくさんいろんな人のお話が載ってるんだけど、感動するものばかりだった。
ちょっと怪しげなウェブサイトもあったりする。
http://www.thepassiontest.com/
うん、怪しい。

あと最近、新刊を予約して借りて来た本。初めての借り手になるのってなんか嬉しい!
The Fifth Agreement: A Practical Guide to Self-MasteryThe Fifth Agreement: A Practical Guide to Self-Mastery
(2010/01/05)
Miguel RuizJose Ruiz

商品詳細を見る

このシリーズのThe Four Agreementって本をこないだ買って、読み終えそうなとこ。日本語版も出てる。

これ系の本って、たまに同じような事何度も何度も書いてたり、詳しく例を挙げて長々と説明している事が多い。
正直要点だけお願いします、と頼みたくなってくる。英語だと特に。
でもそれをしたら本じゃなくて3ページくらいでおさまりそうだ。

でもThe Passion Testはほんと現実的と言うか理にかなっていて、読んで良かったと思った。

結構色々図書館から借りて来たんで、必死に読まないと返せなくなりそう。
英語の勉強って、大切!

あ、ついこないだの17日、ESLの授業終わりました。
英文をたくさん読まなくちゃと思ったのも、ESLを受講したから。
これから読書の習慣身につけよう。
英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)

 リーディング and リーディング

1月から受講してるESLクラス。英語をちゃんと勉強するのって何年ぶりだろ。

英語学習、実は親が用意してくれた教材(当時はカセットテープ)で、幼稚園のときから一人遊びの延長でやってた。
中学高校、もともと小学校のときから、洋画や洋楽の影響で海外に強烈な興味があったから、英語は得意教科の一つだった。
そして短大は英語科。今考えると英語科じゃなくてもっと専門的なもの、例えば美術や音楽とかを取った方が良かったとも思うけど。同じ短大に音楽科あったし。。

それはともかく、そんなんで英語学習はずっとして来たわけだし、苦手ではなかった。
でも実際こっちで生活するとなると別。
サバイバル英語じゃ仕事できないし、一応カレッジ卒業したけど、自分から発信する英語はまた違う。
グラマー間違ってたって生活は出来るけど、仕事となると強烈な弱点になってしまう。

それに、単語力。。読解力。。
ほんとにまだまだで。

今回ESLを受講してていいなと思うところは、まず文法を再確認できること。
中学校の時に習った文法とかやってると、正直ため息でるけど。
こんなんずっと昔やったよ!みたいな。
でも、会話の流れで即座に使う状況になったときには実際使えてない。
わかってるのに使えてない。。ほんとムカつく。

あと、英語がすんなり頭に入って来なかったりする。単語はわかってるのに、文章読んでて意味が分からない。
2、3回読まないと理解できなかったりする。

授業で、とにかく本を読むように言われて、一人一人自分の読んでる本を発表して、その本の概要紹介と、感想を書くように言われてる。
そんで今半強制的に読書をしまくっている(しようとしている)状況なんだけど、これがほんっとストレスで。。
わからない単語に引っかかって、意味が分からない~!
読み飛ばすのも一つのテクニックだけど、意味が分からず続かなければ話にならないし。
そんで辞書を引きつつ読むと、もー時間かかってしょうがない。

あたしが読んでるのはHow to Make It in the New Music Businessって音楽業界書なんだけど、まあこれはいわゆる教育本だし、専門用語も学校で出て来たのが多かったりするんで苦にはならない。

で、最近買った二冊、The Four Agreementsと、Fire in the Soul: 100 Poems for Human Rights。これは結構難しい、と思う。
The Four Agreementsの方はまだ手をつけてないけど、今日Fire in the Soulを読み出した。人権に関する詩集。
一つ一つの詩は長くても2、3ページで短いから読みやすいけど、結構単語が難しい。
でも、3つくらい詩を読んだけど、ほんとにメッセージが強過ぎて圧倒された。淡々と現実をつづった詩なんだけど、残虐で、悲しくて、なんで人が人をそういう風に扱うのか、格差の違いから来る扱われ方とか、そういうのが見えて、超重い。
読んでるとブルーになるけど、知るべき内容が詰まってると思う。

今日クラスから帰って来たら、ハウスメートのオージーの女の子が
「あっ!そういえば忘れてた!あなたにプレゼントがある!」
The Secretをくれた!
職場で誰かに放置されてた本で、オーナーが捨てようとしてたのを拾って来たんだって。
彼女も読書好きで、The Four Agreementsは実際彼女から紹介されたもの。つい最近The Secret読みたいって話してたもんで、それを拾って来てくれたらしい。
わーい!

そんなわけで、ただでさえ読んでない本いっぱいあるのにまた増えました。
読んで読んで読みまくったる!。。抱負として。
もうネット中毒でパソコンにかじりつきっぱなしになってるからなあ。
ちょっと離れなきゃ。。本に。

どっちにしてもインドアだけど。バンフって超アウトドア満載なとこなのに、なんか自分ほんと逆行してる。

ということで今読んでる&読もうとしてる本のラインアップ。。

How to Make It in the New Music Business: Lessons, Tips and Inspiration from Music's Biggest and Best Fire in the Soul: 100 Poems for Human Rights
The Four Agreements: A Practical Guide to Personal Freedom a Toltec Wisdom Book (Ruiz, Miguel, Toltec Wisdom Book.) The Secret [US版]
英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)

 いまさらだけどESL

来週から、コミュニティラーニングでESLを受けることにしました。
Bursary、いわゆる町からの奨学金(助成金?)も授業料の半額くらいもらえた。ほんとはカナディアンか移民だけ対象って言われたんだけど、手紙書いて超アプローチしたらもらえました!

毎週月水、各2時間のコースで計9週間。3月までです。
うちの店の向かいのコーヒーショップで働いてる日本人の子も同じく受けるらしく、楽しみ。

レベル判定がなくて迷ったけど、とりあえず中~上級レベルを受ける事に。

やっぱりいくらカレッジを出て働いてても、限界がある。パーティーでは知らない人達の会話に入って行けないし、言いたい事をためらいなく言えるわけでもないし、読解は一番苦手。
独学でも英語はいくらでも勉強できるんだろうけど、そんなに費用もかからないので始める事にした。助成金がおりなければ止めようかなと思ってたけど。

そんなんで来週からがんばりまっす!
楽しみー。
英語の勉強と留学 | comment(2)   trackback(0)

 英語の訛りの原因

カナダに来て何人かの人に、あたしの英語は日本語訛りじゃないと言われた。

「日本人?どこか別の国へ行ってたことある?」

聞くと、あたしの英語は生粋の日本語訛りではなく、ヨーロッパ系の訛りが入っているというのだ。
ESLの先生をしているという人にも指摘されたので、多分間違いない。

ヨーロッパへは行ったこともないし、英語圏ではアメリカ、オーストラリア、そしてカナダだけ。
カナダに来た当初、フランス人やドイツ人とよく遊んでたからかなあとも思ったけど、そんな短期間で訛りが変わるとも思えない。

うーん。

よくよく考えてみたら、超有力なアイディアが浮かんできた。

これは秋田弁のせいだ

それしかない。22年間秋田で生まれ育ち、上京していくら標準語を話せるようになったとは言え、あたしの基本的な言語のルーツは秋田弁

「んだがらなー」
「へば」
「まんず」
「んだべしゃ」


鼻にかかった発声、流れるような語彙、異様に多い「ん」の発音。
これは微妙にフランス語に共通するものがあるのでは?!
実際秋田弁はフランス語のように聞こえないでもない。うん、よく言われる。そう聞いた事がある。

日本では「かっぺ」の類に入っている秋田弁だけど、もしかしたら英語にした場合はとてもソティスフィケートな響きをかもし出すのかもしれない!

そう考えると、秋田弁は素晴らしいと思うのでした。
あい~、いがった~

英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)

 留学する年齢

留学するのはできるだけ若い方がいいってよく言われる。
あたしが思うに、それは半分当たってるし半分当たってない。

more... »

英語の勉強と留学 | comment(3)   trackback(0)

 英語力強化!

英語力を上げるために役立ちそうなものを集めてみました。

●アルクの通信講座
英語学習といったらアルク。児童英語教師養成講座受けてました。教材の質の良さには定評があります!「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ

ジャパンタイムズ
英語力を伸ばすには、とにかく毎日触れること。新聞記事を読めば、時事英語が見に付きます。

●無料eメール英語学習サービス
ハングリーフォーワーズジャパン の無料学習サービス。発音も聞けます。とにかくタダなのが嬉しい!


【通信講座】Pカレッジ「TOEIC講座」
TOEICテスト対策のオンライン通信講座。好きなときにいつでも学べます

●弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策
TOEICのスコアを上げるためのノウハウが詰まってます

●UDA式30音トレーニング
英語の発音を鍛えるためのトレーニング。DVDでわかりやすく学べます。

英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(1)

 日本人を避ける?

海外に来てまで日本人だけで集まることって、よく留学生向けのいろんなサイトや掲示板などで取り上げられてる。

続きを読む前に・・・↓
―――――――――――――――――――――――
ランキングに参加中!クリックよろしくね
  • 留学・ワーホリブログランキング

  • カナダ留学ブログランキング
  • 人気blogランキング

  • 留学生ブログランキング

  • ――――――――――――――――――――――

    more... »

    英語の勉強と留学 | comment(3)   trackback(0)

     オンライン辞書

    電子辞書もすっごく便利ですが、パソコンから見られるオンライン辞書もかなり使えます。
    すべて無料のものを集めました。ほかの辞典がいらなくなっちゃうかも?!

    more... »

    英語の勉強と留学 | comment(0)   trackback(0)
    | HOME |
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。