Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 夜行バス

ちょっとした用事で、東京行って来ました。

夜行バス往復で行ったのですが、なんていうんでしょう、なんかやっぱ日本のサービスって過剰というか、行き過ぎというか、そこまでしなくてもいいよって思うのが多々あって、それが夜行バスとなるとほんっとーーーーに
イラッ
としてしまう。

まずバス内のアナウンスのくどいことくどいこと。
ただでさえ安眠できない、寝心地がすさまじく悪い車内で懸命に眠りにつこうとしているのにもかかわらず。

かかわらずーーー!!!

「お客様、車内の方は快適でございましょうか。具合が悪い方は、絶対に無理せず係の者にお伝えくださいませ。次の停車まであと何分でございます。近くなりましたらまたご案内申し上げます。。それまで、ごゆっくりとお休みくださいませ。。延々」

「お忘れ物が大変多くなっております。お降りになる際は、ブランケット、網棚、座席の下、etc etcなど、今一度ご確認くださいませ。特に、ipodなどの物がどこそこに落ちている例や、etc etc.... 延々」


出発時、2度3度のトイレ休憩、そして各停車地に着くたびに

大音量のマイクで!!
それが延々と少なくても5分以上繰り広げられる!!!


うっるっさーーーーーい!!!

一言に凝縮できそうな案内、5分以上延ばすなっちゅーに!!!
しかもそんなでかい音量じゃなくても十分聞こえるわ!!!

本当に座席からとか投げつけてやりたくなりました。

カナダのグレハン、サービスが良いとは絶対 絶 対 言わないけど、
むしろこっちより良く寝れた気がする。
運転手とか、超ほったらかしで必要以上なことアナウンスしないし。
ある意味気をつけてないと停車地逃すけど。

バスじゃないけど、フードコートでたこ焼き買ったときとか
「どうぞ、おいしく召し上がれますように」
なんて超事務的に笑ってない目で言われても。
別に口先だけの事務的なサービスならいらないのに。

前、冬にカナダのグレハンでバンフからバンクーバーまで行った時、夜中一人の客が、延々と大声で誰かれ構わずしゃべりまくってた。
運転手がそれに対して冷静に
「そこのあんた。みんな寝てるんだから静かにしてくれないか。」
と注意してたんだけど、ちょっと経つとまたうるさくなった。
「もう一度警告するが、静かにしないんなら次の停車地で降りてもらう。」
と運転手。
なんだか面白いことになりそうだと思ってドキドキしながら経過を見てたんだけど、そんな運転手の警告も聞かず、しばらくしてまた声を出し始める客。
多分酔っぱらってたか、ラリってたか。

そしたら次の停車地でバスを停めた運転手、ついにキレて後ろの座席へすたすた歩いていき
「さあ、警告通り降りてもらおうか!」

もちろん客は反発し、「ふざけんな、こんな寒い夜中に追い出されてどうしたらいいって言うんだ!殺す気か!」とか言ってたけど
「んなこた知らん。お前が悪い。数時間後に来る次のバスにでも乗れ。ごちゃごちゃ言わず早く降りろ!」
ほんとに深夜過ぎの誰もいない雪ん中に放り出した。。
かっこいい。。。。。

放ったらかしのサービスに慣れて来た頃に日本に戻ると、まるで小学生でもなった気分。至れり尽くせりのサービス。感動するときもあるけど、過剰って思うときもたくさんある。
なんか、丁度間くらいが心地いいのになあー。
スポンサーサイト
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)

 秋田名物

ハタハタ初物
IMG_9503e.jpg IMG_9501e.jpg
日本'10年10月~ | comment(2)   trackback(0)

 秋田着

しばらく更新していませんでしたが、帰国してから約1ヶ月、昨日の朝地元秋田にようやく帰ってきました。
スーツケースとかはとっくに届いていたんだけど。
荷物だけ先に送っといて、その間放浪している娘でごめんなさい。

濃い滞在だった奄美を経て、東京や横浜近辺の友達にも久しく会い、ついに実家です。
十数年ぶりの滞在です。

うきょー

奄美でのことを細かく書いていなかったけど、本当に行って良かったです。
災害に遭われた集落、そしてたくさんの方達、そういう異常な状況の中で行っていいものか疑問だったけど、奄美の人達は会う人会う人みんなが優しく接してくれました。
そんでそんな中、実際の被害現場や避難場所を目の前にして、なんと言うかほんとに自然の恐怖に触れました。
いろんな人々の想いも感じることができました。

そんな中自分が出来ることと言ったら、人と関わったり、自分の奄美好きな想いを伝えまくるくらいだったんだけど。
あと義援金や、三味線とか買って地元の売上に貢献することとか?

たくさんの素敵な出会いもありました。

京都から来て同じ宿に数日泊まって毎日のように一緒に出かけた、陶芸家のくみちゃん。
昔っからのまるで家族のように温かく扱ってくれて、たくさんの知識をくれた三味線の師匠、坪山さん。
いきなりのインタビューにも快く応じてくれて、素敵な歌声を聴かせてくれた若手の星、前山さん。
CDを何度も買いに行って、たくさん説明をしてくれたセントラル楽器の若い男性社員と、そこで親しくなった女性社員。
三味線教室で知り合って、島唄料亭に連れて行ってくれた家族。
突然の強引な依頼にも快く応じて取材をしてくれたあまみFM。
何度もいろんな質問やリクエストに辛抱強くつきあってくれた三味線屋さん。

奄美、もーやばいくらいハマってしまいました。
やられてしまいました。

今回の災害、被害総額は123億円を超えるそう。
3月31日まで奄美市は義援金の受付をしてる。
今からでも少しは貢献したい。。


そして秋田。

カナダに楽器を置いてきてしまったので、ここでもちょっとセットアップが必要です。
MIDIコントローラー、Axiom 61を今日発注してしまいました。
4571132552058_LRG.jpg
飛んで行きます私のお金。。

と言うことで仕事が必要です。
ギブミーマニー

そんな○○歳最後の夜を過ごしています。
おとなしい誕生日になりそうな予感。。
日本'10年10月~ | comment(6)   trackback(0)

 最近の奄美&方言

ここんとこ、部屋にこもって三味線の練習をしております。
窓から川や港が見えて、これまたいい感じ。
最近は急に肌寒くなってきました!
半袖着て歩けなくなってきた。。
ちょっとさみしい。

ところで奄美の方言。
覚えたいのですが、なにしろ何言ってるかさっぱりわかりません。
三味線の師匠(80歳)とその奥さんが話す会話、日本語じゃありません。
みんなあたしには比較的標準語で話してくれるけど、こっちの人同士で話すのはさすがに方言、島口。
若い子達の言ってることはイントネーションが違うだけのことが多いので、何となくわかります。

かわいーーーんです、それがまた!!
いいなー。

まあ、秋田の年配の人達が使う言葉もすさまじいものがあるけど。
でも若い子達の使う言葉が標準語寄りになってくるのは、どこの地方でもあることなのですね。

少しずつ学んできてはいるのですが、あんま使わないから忘れます。
その中でも覚えたのは
「みしょーれ」(=どうぞ)と、

「はげーーーー!!!」




は、はげ????
ハゲですか?????
はげって言いました?はげと?????


言う対象によってはキレられそうな言葉ですが、こっちの人達、言う対象を問わずかなり頻繁に使われます。
聞いてる方が微妙にハラハラします。

「あらーーー!!」
「まあーーー!!!」
「わーーーー!!!!」


という感嘆詞らしいです。


以前ハゲの人をハゲと知らず
「つるっつるですねーー!!」
と暴言を吐いたことがありましたが(スキンヘッドだったのです、その人)
それに近いものがあるような気さえしてきます。


ちょっと練習しようかな。。
ここ限定で。
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)

 三味線店めぐり

奄美に来てから、三味線屋さんをいくつかまわってます。
これまでいろんなリサーチを重ねて学んだ、沖縄の三線に比べて違う点。
弦が違うというのはもっともとして、本体にどんな差があるのか??
  • 皮はほぼ、皆さん人工皮を使う。張りが沖縄より強いため、本皮だと割れやすい。(お値段的にもグッド!)
  • 沖縄より皮の張りが強い。そのため響きがもっとクリア。
  • 唄口(弦を支える上部の白い部分)が若干沖縄より低め。
  • ティーガ(帯)は奄美のものがなく、沖縄のもの。奄美っぽいのあればいいのにー。
  • 一般的に「三線」と呼ばず、「三味線」と呼ぶ。でも三線って言う人も聞くけどな。。
本体ではそんな違いなのかなあ。
あと沖縄で言う「カラクイ」(ペグ)の部分を「カナクリ」と言ったり。
同じ木でも材質によって値段や音も違ったりするし、いろいろ。
でも何となくその違いがわかってきたような。

名瀬で三味線を扱っているところで自分が行ったところは、
  • セントラル楽器
  • 三味線のふくざわ
  • 奄美三味線(サンシンヤ)
  • 福盛堂
  • 阿世知三味線
  • 奄美ちぢん三味線製作所
今、福盛堂と奄美三味線のお店の三味線が気になってる。
なんかいろいろと見て回ると、音の違いとか値段とか棹の元木とか、勉強になるー。
しかもこっちの人達みんな優しくて、聞けば聞くだけ教えてくれる。

阿世知三味線は教室もやってるけど、店主の阿世知さんは今年いっぱいで引退されるそう。
彼の弾いた三味線が入ってるCDも買ったし、お会いできて嬉しいのだ!
奄美三味線のお店でも手ほどき講座として基本を教えてくれる。

でもやっぱり楽器って、値段じゃなくて相性な気がする。
高くていい音が鳴っても何かが気に入らなければアウトなのだ。
安くて音がそこそこでも、自分が愛着を持ってたくさん弾いてあげることが出来る楽器ならOKなのだ。
そして自分の腕が良くなったり自分が変わったりしたら、そのときまた相性の良い楽器が出てくるはず。。
きっと。

そして名瀬で音楽ショップと言えばセントラル楽器さんで、もうすでにCDを買いに通いつめ、常連状態になってしまいました。
ここでは手頃な価格の三味線を扱ってる。

あと、こっちに来て島唄の大御所、名人と呼ばれる坪山さんという方にお会いし、ラジオのためのインタビューをし、そしてさらにその方から三味線を習うというラッキーな状態にいます。
今度の金曜(日本時間は木曜かな)、ラジオ放送です。詳細はこちら。

Japanese Musiquest (ジャパニーズ ミュージクエスト)
japanesemusiquest_20100505000341.jpg

若手期待の星と呼ばれている前山さんにもお会いし、インタビューさせて頂きました。
このかたのブログ、かなり面白いです。とくに「毎日の介護から」のカテゴリが。。

奄美の唄い手さん達は、その道だけでやってる人はいないらしい。
もともと島唄は庶民の中で発展したものという考えがあるので、仕事をしたり主婦であったり、他に本業を持っているのが一般的みたい。

ここだとどこに行ってもどこからか島唄が聞こえて来る。
楽器屋さんとかじゃなくても、普通の雑貨屋さんなどでも島唄のCDをかけたりしてる。
島唄をやる居酒屋もいっぱい。
ほんとに生活に根付いてるんだなあーーって思う。

島唄居酒屋、一人だしまだ行ってないんだけど、旅先で出会った子と一緒に行ったこの居酒屋はおいしかったな。
IMG_4247e.jpg
「ほこらしゃや」っていうお店みたい。

島唄居酒屋とかだと大体3000円からだもんなー。
普通の居酒屋で小さく1200円以内で食べることしかしてない。最近は自炊だし。
CD買いすぎてお金ない~~~

でも三味線が欲しかったりする。。

ここにいる間に、島唄居酒屋にも行かなきゃです。
カナダドルが安い今日この頃、かなりきつきつ。
ドル、がんばってくれ~~~

最近のお気に入り。
庶民の味方、スーパーグリーンストア。地元の食品がいっぱい。そして奄美のつぶみそ!おいしすぎる。。
IMG_7807e.jpg IMG_7783e.jpg

こんな風景がちょっと奄美の町っぽい。赤いハイビスカスがあちこちに咲いてる。
IMG_7780e.jpg
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)

 短期一人暮らし in 奄美

おとといから、旅館を出てリースマンションを借りてます。
港町の、窓から海が見える3階の部屋。
1Rで、東京の一人暮らし生活に戻ったみたい。

炊飯器もあるし、台所もあるし、とりあえず「生活」ということが出来そうな場所。

あーーー、快適!!

奄美のスーパーで売ってる野菜とか果物とか、もう南国色満点で。
ゴーヤとか、島のめちゃめちゃおいしいつぶ味噌とか、豆腐とか、これから料理が出来ると思うと嬉しい。

ただ一つ嫌なのが、日本に来てからというものずっと悩まされている煙草の臭い。
前使った人が吸ってたんだろうけど、部屋に臭いがしみついてる。
建物内では基本的に完全禁煙なカナダと違って、日本のこういうのがほんとやだ。

そして備え付けの消臭剤で、変な合成香料のオレンジの臭いも気持ち悪くなる。
無臭の消臭剤ってないのかな。。

そんなんでお香ばしばし焚いてます。お香の香りならめちゃめちゃ好きなんだけど。


つい数日前まで、台風の被害を避けるために市外のたくさんの家族がこの辺に宿を借りてたんだけど、今は台風がそれたために自分ちに帰ったみたいで部屋は結構空きがある。

やっと宿っぽい宿を抜け出して自分の生活が出来ることに感謝。
11日までここかなー。

だんだん荷物が増えて来たんで、ちょっと送らなきゃ。。

今日のお昼ご飯。右に写っているのはパパイヤ漬け!!南国~!
IMG_7821e.jpg

ちなみにこのパパイヤ漬けは、ザラメが入ってて甘過ぎて失敗。。
あっさり醤油とにんにく味がおいしい。

他の奄美らしい写真は後ほどまとめてアップします。
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)

 奄美その後

奄美にやって来て、一週間が過ぎました。
いろいろやってますが、かいつまんでこれまでの経路を書きます。

23日、鹿児島からフェリーに乗りました。
夕方6時出航、到着は5分前。
現金を持ってなくて、しかも現金しか使えないと言われた。5時半でカード払いは締め切るのだと。
きえ~~
散々困った様子でごね、なんとかカードを使わせて頂いた。
すみません。。

鹿児島の人もいろいろ教えてくれてなんて優しいんだろうと思ったけど、奄美に着いてからこっちの人もすごい優しい。

そしてこの大変な時期、町を歩けば島の人の話題はもちろん災害の話。
25、26日は車を借りていろいろ走ったんだけど、空港方面の龍郷町辺りの土砂崩れがやっぱりすごい。
すんでのところで埋まりそうな家もあって、ここはテレビにも映されてた。

なんと言うか、計画していた時期がこういう大雨の災害に当たってしまったわけだけど、申し訳ない気もする。
今泊まっている宿には非難して来ている被災者らしき家族もいたし、一部屋借りているのが気が引ける。
最初の数日間は町の外れのゲストハウスにいたんだけど、そこはさすがにあたしともう一人の女の子しかいなかったな。
でもあまりにそこが汚かったんで、今は名瀬の市街地の方へ宿を借りてます。便利だし。

そんでここに何を目的に滞在しているのかというと、

島唄

です!!

師匠も見つけました。唄者の方にもお会いしました。
カナダで今も続けている、ラジオのインタビューで放送する予定。

自分が持っている沖縄の三線の弦を奄美用に張り替えて練習しているけど、
ここにいると奄美三味線が欲しくなって来る。。
危険。

日本に帰って来て、一番困るのがお金の両替で。
今カナダドルがとても弱いのです!!というか、日本円が強くて強くて。
両替するとほんと危険。
ああああ。。。。。。

クレジットカードのレートはそこまで悪くないとは言っても、こっちだと海外のカードに対応していなかったりする。
うーーん。

やっぱこっちにいる間に嫌でも両替しなきゃ。

それにしても台風がそれて良かった。
今日は晴れ、そして明日からも奄美は快晴です
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)

 奄美より

間が空いてしまったけど、今帰国して日本です。
昨日から奄美大島にいます。

詳しくは後ほど書きますが、災害の復旧も大分進んでいるようです。
今日空港方面まで車で行って来たけど、数カ所迂回路や片側交互通行になっているけど通れます。
土砂崩れですんでのところで下敷きになりそうだった家も見ました。
被害を目の当たりにしてます。

動きとしては、昨日名瀬市街地をひたすら探索しました。
名瀬の中心部は被害を全く感じさせない感じです。

今日は宿で一緒になった子を車に乗せて、午前中奄美パークの方へ行ってきました。
13人のグランマザー国際会議があるのです。その子、参加するらしく。
災害のためにメインは鹿児島の霧島でやるらしいんだけど、奄美でも日本人のプレゼンターが集まって開催されてます。
あたしも参加したかったんだけど参加費が結構高くて。
でもその場に行ったら、完全参加は出来ないけど遠目に見れる感じです。
迎えに行きがてら、見てこよーっと。

奄美市役所へ行き、災害ボランティアの申し込みもして来ました。
登録制で、連絡待ちみたい。
チャンスあるかなあ。

奄美民謡のあてもいろいろ探してます。

今日はものすごく天気がいいので、雨が降らないうちにこれから海を見て、宿の子を迎えに再び奄美パークへ行ってこようと思います。

いろんなことを書く時間があまりないけど、またあとでアップします。。
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。