Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 重大決心

決めました、わたくし。
今後についてずうーーーっと迷ってたんですが、昨夜一睡もせずに出した結論。

来年からピアノ専攻にします!

・・・って別に重大でもなんでもないじゃん!って突っ込みがいくらでも入りそうですが、私にとっては重大決心だったのですっ!

なぜかと言うと学期の途中で専攻を変えるということは、一からスタートしなきゃいけないのです。要は、単位が足りず卒業が遅くなるのです。

でも、夏のプログラムで単位を取って順調に行けば何とかギリギリで大丈夫。
ということで、5~6月はネルソンに滞在することにしました。

小学校の時以来習っていないピアノ。超へっぽこな、オーディションにやっと通るくらいのレベルで専攻を変えるのはかなり強行だけど、どーしてもピアノ弾けるようになりたい!
で、ボーカルのレッスンも続ける予定。弾き語りで活動できるようになりたい。

ボーカル科にいながら外でピアノレッスンを受けるほうが安全だし妥当なんだけど、そうするとなんか甘えが出そうな気がして。
厳しい講師の下で成績を意識する状況で練習した方がうまくなると思った。
夏は今年分の授業をカバーできるように猛特訓しなければ。。


あ、それと昨日の記事でさんざん文句言いまくったけれど・・・オチがあった。
あたしが彼のオフィスに行ったのが1時ちょうどじゃなく、別の講師と取り込んでたせいでちょっと遅れて1時3分とか5分とかで、逆にそれを待てなかった講師がどっか行っちゃってたのでしたはやっ。
何気にあたしが自分で蒔いた種でした
無事今日MIDIの再テスト受けました。

あんなに悔しい思いするなんて、自分がいかに彼を信頼、尊敬してるかがわかったかも。
今後もついて行きますっ!!


なんか取りとめもない記事になったけど、昨日から寝てないせいだと思う~~。
ファイナルが終わるまでもうひと頑張りです。
スポンサーサイト
カレッジ留学生活1年目 | comment(2)   trackback(0)

 ムカつきます

今日はとてもムカついた。

先々週、MIDIの授業のテストが返って来て、あたしはこともあろうになんと0点だった。
・・・って声を大にして言うことでもないけど・・・

ペーパーテストで、MIDIのコンプレッサーの機能について説明せよ、と言うもの。
正直テストがあることすらわからなかった(聞けてなかった)ので、あたしにとっては抜き打ちテストのようなもんだった
各機能を使うとどうなるかってのはわかってても、英語で説明しろとなるとわかんなかった。

で、心配した講師が
「筆記より口頭の方が楽だろうから、日をあらためて再テストしよう」
と提案してくれた。
ここまではいいんです。ありがたいんです。普段からいい講師なんですこの人。

そして再テストをすると言われた次の週。一向にやる気配がない。
「ああっ、忘れてた・・・来週月曜にやろう」
・・・

そして月曜。
こいつ不在だった。

今日午前中廊下ですれ違って、
「いつ再テストできるんですか?」
と聞いたら
「そうだったね、今日1時にオフィスへ来て」

で、行ってみたら、また不在だった。
なんなのよ一体全体っ?!

いやもともと点数を取れなかったのはあたしで、再テストは好意で提案してくれたわけで別に必須じゃないですよっ!
でも自分で言っといてことごとくすっぽかすってどーいうことよ?!

オフィスの前ですれちがった2年生に
「こういうことって大嫌い!ムカつく!」と愚痴ったら
「わたしも前同じようなことあったよ。今忙しい時期だから忘れてるのよ、人は誰だって忘れるわ、気にすることないよ」

気にします。

別のクラスメートにも愚痴ったら、
「俺もこないだ別の講師にすっぽかされたよ」

ここはカナダだから?しかもネルソンだから?
物事の整理がつかない講師と、それを甘んじる生徒もカナディアンだから?!

ほんっとにオフィスもいろんな対応遅いし、イライラ。
学校だってビジネスでしょ?!

アメリカの留学生友達に学校の対応について愚痴ったら、
「信じられん!アメリカもいい加減だけど、金が絡むと割と頑張るよ。カナダはアメリカ以下だね」
だって。
アメリカの方がビジネスに対してシビアだってのは旅行した時にも感じた。

ムカつく!
ほんとやる気なくすわ。
カレッジ留学生活1年目 | comment(0)   trackback(0)

 エイプリル・フールの新聞に掲載

ネルソンの地方新聞「EXPRESS」が、ちょっとフライングで今日エイプリル・フールバージョンを出版しました。

その名も「CONFESS」(告白)。レイクサイドパークに謎の模様が出現したことになってる。
クリックで記事が読めます↓

P3290015.jpg

ちなみに去年のエイプリル・フールはこれでした・・・「S○XPRESS」
まったくこんなアホな冗談大好きな出版社。

そんでこんなエイプリル・フールバージョンの新聞記事に、なんとわたしが掲載されましたっっ!!!
ちょっと顔が別の人になってますが・・・

more... »

ネルソン'06年1月~7月 | comment(6)   trackback(0)

 眠い

最近、とてつもなく眠いです。
週末ゆっくり休んだのに、なんだろうこの異様な疲れは。

何人かの子達がネルソンへ来てから睡眠時間が多くなったって証言してる。
なぜだ?山だから?空気が薄い??そこまで標高ないと思うんだけど。
ネルソンがのんびりまったりモードに包まれてるから?
とりあえず理由は謎。

でもここ最近の尋常じゃない眠さと疲れは、学校が忙しいせいもあるんだろう。
ああどんどん目が落ちていく・・・勉強がはかどらない。そしてブログに逃げる。

今の時期、2年生達は卒業に向けてショーケースやリサイタルをやっている。
パフォーマンス科のショーケースは先日終わったんだけど、今週は作曲科のリサイタル。さっきまでチェックしてた。
中にはめっちゃくちゃ才能があってすんばらしい人が何人かいる。
「努力」という言葉だけでは片付けられない人たちって、いるんだよなぁ。
生まれ持った血と才能。そんなのがあったりする。

うーん、あたしにも何か特殊なものがあって欲しい。
まずは努力せねばだな。
カレッジ留学生活1年目 | comment(2)   trackback(0)

 ワーホリ締め切り!

なんとなんと2006年度のカナダワーホリ募集がもうすでに締め切られましたね!!
カナダ商工会議所ページ

3月にして締め切られるなんてほんとに早い!今年はどうしちゃったんだろ?
最近年々早くなってきてるみたいで、カナダだいぶ人気なのかなぁ。

定員漏れで行けなくなった人たちの気持ち、痛いほどわかります。
ここでも書いたけど、わたしも21歳の時(何年前だ?!)にカナダにワーホリ申請して、あたしが申請した一日前に締め切ったと言う知らせを受けたので。あれは4月の頭だったと思う。
昔は結構カナダのワーホリ、申請の基準が今よりもっと狭かったし厳しかったんです。

あの頃はネットもなくて、そんな情報をすぐにゲットするすべがなかった
あたしは行けるもんだと思ってそれまで必死に昼夜働いてお金貯めて計画してたから、そのショックはすごかった。バイト3つくらいしてたもん。
働きすぎてへとへとに疲れてたし、
「もう一年待つなんて嫌だ~~~!!」
って落ち込んだ。
オーストラリアやニュージーならまだ間に合うって通知されたんだけど、その時は長期で行くならカナダ以外考えられなかった。
それでせっかく貯めたお金もあるしとりあえず旅行でもしようと思って、オースに短期留学&旅行した。現地に行ってワーホリで来れば良かったって思ったんだけど。

今回カナダへ来たのはある意味その時のリベンジでした。

ギリギリで申請された方、何とか間に合ってるといいですね!
でももし今回通らなくても、案外他の国も素敵だし、今年はそっち行ってからまた来年カナダに来てもいいし!現地で働いたりすればお金はいくらでも節約できるし。
それに渡航はワーホリじゃなくても出来るし、絶対今年って思ってるならビジターで着てみてもいいと思う。ワーキングエクスチェンジならできるしね。
申し込まれた方の幸運を祈ります~

――――――――――――――――――――――
ランキング参加中!ご協力お願いしますっ。↓
  • 留学・ワーホリブログランキング

  • カナダ留学ブログランキング
  • 人気blogランキング

  • 留学生ブログランキング

  • ――――――――――――――――――――――
    渡航準備について | comment(5)   trackback(2)

     Diva Night

    昨日、うちのカレッジのボーカル科の生徒全員で、この町唯一のジャズクラブBaker Street Live!にてライブをやりました

    一人一曲ずつジャズやスタンダードを歌うという企画。
    その名もずばり

    DIVA NIGHT!!!

    P3230002.jpg


    ・・・

    一部の生徒からは「Cheesy! Gross!! I'm not excited at all!!!(ダサい、最悪、全然やる気しない!)」とさんざんブーイングを買いながらスタートしたこのイベント(いやあたしはやる気マンマンだったけど)、果たしてどうなることやらお客は一体集まるのか

    ・・と言う不安とは裏腹に、会場となったクラブはほぼ満席!
    ボーカル科の女の子達も普段とは打って変わってドレスアップしちゃって、みんなむっちゃくちゃ可愛い!!!

    思った以上に雰囲気も良く、ステージも良かった。普段一緒に勉強してる子達みんながクラブで歌うシーンってのはなかなか観れないからかなり楽しかったし、それと同時に妙に緊張したっ。

    あたしはジャズスタンダード「Night and Day」を歌って自分ではイマイチの出来と思ったんだけど、意外にも周りの反響が結構良かったのでちょっと安心。

    ボーカル講師2人も歌ったんだけど、やっぱキャリアがあるだけあってステージングがうまい。客を引っ張るのがうまいというか、流れを組むのがうまいというか。
    ボーカルの講師ながらピアノ伴奏の腕前にも感心させられる。
    あたしもあんな風にピアノの弾き語りでライブできるようになりたいなぁー!!

    また後ほどライブ写真アップしまーす!
    カレッジ留学生活1年目 | comment(3)   trackback(0)

     サプライズギフト

    先日日本から突然小包が届きました。

    ん?なんだ?と思ったら、高校時代の友人から。
    開けてびっくり、ユニクロの新しい服数着と無印のリップグロスや乾燥ヒジキなどなどが入っていました
    あまりに突然で嬉しくて、声あげて笑ってしまった。
    送料だって結構かかってるのに、しかもこんなにたくさん服とか送ってくれて。

    つくづく日本ってすごいって思う。
    こっちでユニクロや無印みたいなリーズナブルで比較的良品質なもの、見たことないもん。
    ユニクロがカナダにあったら絶対売れまくると思う。
    こっちではユニクロ、無印のようなシンプルな服がほんっと重宝する。
    洗濯機や乾燥機にガンガンかけれるし、着まわしが効くし。
    しかもユニクロ、最近は結構おしゃれになってきてるよね

    なんだかとても友達の愛を感じた~
    もうメール送ったけど、あらためてありがとーまっぺ!!
    つっちーのぼやき | comment(2)   trackback(0)

     どこの世界にも

    どこの世界にも、困ったちゃんがいるもんだ。

    昨日クラスメートのグチを聞いてた。
    彼女は夕方からバンドのリハーサルをやることになってたらしいんだけど、ベースとドラムの男の子2人がいつまでたっても現れず、ギターの子が探しに行って彼らを見つけたら、理由は一つ、「やる気がしない」とのこと。

    しょうがなくボーカルの彼女とギター、そしてトランペットだけでリハーサルしたらしいんだけど、彼らはもうカンカンそりゃ怒るよなー。

    そのベースとドラムの子、そして同じボーカル科のかなり歌える女の子は昔一緒にビクトリアのバーで歌ってたらしいんだけど、そのクラスメートの子いわく、彼らは「自分らは最強にうまい」って思ってるとかどうとか。
    そんで口を開けば他の人たちの悪口ばっかり言ってコケにしているそうで、聞いていてもうウンザリなのだそうだ。

    確かにその3人は、ミュージシャンにありがちな落とし穴「うちら最高!!モード全開で、自己顕示精神バリバリなステージを披露してる。
    確かに上手いんだけど、なんかそういう人をコバカにしたような鼻持ちならない態度が目に付いて観ていてゲンナリしてしまう

    あたしは幸い(?)あまり会話の理解力ないし彼らとはほとんど関わってないんだけど、きっとあたしもコケにされてんのかな~なんて。

    ほんとに素晴らしいミュージシャンってすごく謙虚だし、自分にないものを知っていて他人を尊重する。

    自分を客観的に見れていつでも勉強熱心な人になりたいな。
    カレッジ留学生活1年目 | comment(4)   trackback(0)

     WBC日本優勝~!♪

    なんと日本がワールド・ベースボール・クラシックで優勝しましたね
    しかも第一回目の大会で優勝という栄誉!!!

    あたしは部屋にTVがなくて、居間では他のルームメート達がよくDVD観てたりするし普段あまりTV見てないから、msnのニュースで知った。
    活躍ぶりを実際見たかったよー!

    今日学校行ったら早速講師に「日本勝ったね、嬉しいでしょ。なんていいチームなんだ!」って言われた。

    王貞治監督、バンザイ!

    あーーー日本人でよかった。
    胴上げ見たかった。
    あれって、日本独自の文化だよね?

    思えば去年の夏シアトルでイチローを見たけど、その時あたしの目の前でホームランかましてくれました
    メジャーリーグにいても日本代表として活躍するのはすごく喜ばしいことだ!

    日本人の国技と言えば相撲だけど、野球も今となっては国技になりそうなくらいの勢いで人気だよね・・。
    高校野球だって半端じゃない根性で試合に臨んでるし。あたしも高校ん時は野球部にぞっこんで授業サボってまで応援してたなぁ・・
    って話がズレた。

    とにかくわたしは嬉しいぞ!!
    日本人バンザイなのだ!!!
    つっちーのぼやき | comment(6)   trackback(0)

     3月のネルソン写真

    先週撮ったネルソン写真を続けてアップします!クリックで拡大するよ。

    ネルソンの雪景色
    P3090001.jpg

    クートニーレイクとネルソンブリッジ


    夕焼けまであと少しのレイクサイド
    P3100005.jpg

    「GIRIHOLI」の文字がさぞかしジャマかと思いますが・・

    あ~ん、こんなことより宿題がぁー
    ネルソン'06年1月~7月 | comment(4)   trackback(0)

     うちのクラスのハーマイオニー

    カナダではもうハリー・ポッターと炎のゴブレットのDVDが最近発売されました。
    ネルソンの映画館では2週間しか上映してなくて見逃したから、誰かが買うのを待ってチェックしなきゃ(自分では買わない)

    ところでハリポタと言えば登場人物のハーマイオニー。頭がよくって優等生でチャレンジ精神旺盛な女の子として描かれてるけど、うちのクラスにもいるんです、そんな子がっ!!

    プリンス・ジョージ出身の女の子、21歳。
    彼女はなんとフォトグラフィック・メモリーの持ち主なのです!
    一度見たり読んだりしたら忘れないと言う、ごく少数の人しか持ち合わせていない記憶力。何ページに何が載っていたかまで覚えてる。

    彼女はクラスでの発言も多く、理知的。何でもテキパキとこなして行動力もある。
    こんだけ学校が忙しいのにアルバイトにも精を出していて、それでいて成績は上位をキープ。
    たまにおバカな男子が悪ふざけしているとビシッと叱ったりもする。

    長い髪をたまにウェービーにスタイリングしてる日なんか、その出で立ちはまさにハーマイオニー!!

    ケタはずれに理性的で頭がキレる彼女だけど、たまに感極まってみんなの前で泣き出すとこもあったりする。

    歳は違うにせよ、観察すれば観察するほどハーマイオニーなのです

    典型的なカナディアンとは一味も二味も違う彼女。
    あの頭の良さと手際の良さ、あたしにもあったらなぁ・・・とうらやましかったりするのでした。
    カレッジ留学生活1年目 | comment(2)   trackback(0)

     ネルソンの日本人俳優とピニャータ

    昨日はクラスメートの誕生日と言うことで、みんな集まってSageというお店でディナーパーティーをしてました。Finley'sというアイリッシュバーの裏にあるお店。
    何だかんだ言って何気に出かけてるかも。

    8時からネルソンに住む日本人俳優(貴重!)、Hiromoto Idaの「Sentaku」って言うショーがCapitol Theatreであったので、途中で抜け出して行ってみた。
    会場にはネルソン在住のDave Brubeckの息子さん、Dan Brubeckがファミリーで来てました!先日うちのカレッジにクリニックに来てたってのは、その記事を以前アップした通り。チケット並んでる時に再会してしばし雑談。

    ところでこのHiromoto Idaという日本人俳優、漢字でどう書くのかはわかんないけど、以前「Tokyo Cowboy」(1994)って言うカナダ映画に出てたみたいです。日本未公開かな?

    この「Sentaku」というダンスパフォーマンスは先週に引き続き3日間行われて、なかなか好評。
    さらに出演者として、あたしの友人のフィルム「Silence」で舞踏を披露したThomas Lohという中国系の俳優が出てた。

    コミカルでシリアスで、セリフのない舞台。
    観客も大勢で、終わると大喝采でした。

    でも正直あたしはあまり意味がわかんなかった・・・
    結構理解力が少ないため、この手のセリフなしの舞台はいつも「???」となるのです。

    いずれにしてもネルソンで活躍する数少ない日本人俳優(というか他にいないと思う)のショーを見れて良かった!

    その後バースデーパーティーに舞い戻り、クラスメートとアイリッシュバーFinley'sへ。
    「ピニャータ」って呼ばれるスペインのロバのおもちゃを買ってきた子がいて、それで最高に盛り上がりました。

    この「ピニャータ」、あたしはネルソンで初めて知ったんだけど、スペインの文化みたい。
    こんな紙やダンボールで出来たロバのおもちゃの中にたくさんキャンディーが詰まってて、それをバッドなどでぶち壊してみんなで拾って食べるって言うもの。↓


    これを昨日はバーの天井から吊り下げて、誕生日の女の子がビリヤードのバーで叩きまくってた。
    みんなに「キックしろ!キックしろ!」なんてはやし立てられて、超可愛い彼女が必死に蹴り入れてる姿はかなり面白かった。バーにいた全員が大爆笑

    さ、課題やんなきゃ・・
    カルチャー | comment(0)   trackback(0)

     セント・パトリックスデイとアイルランドの歌声

    昨日はアイルランドのお祭り、セント・パトリックスデイでした
    ダウンタウンはグリーンに身をまとった人たちで大騒ぎ。

    去年のこの日にはネルソンで夜出かけてパーティーしてたんだけど、今年は家にいました・・・
    5chでやってたケルティック・ウーマンのライブを観てました。日本でも話題だね、このグループ。
    ものすんーーーーーごく、よかった。
    歌声はもちろんルックスも美しい・・・。
    かなり長いことやってたライブなんだけど、その歌声の中で一つもアラが見当たらなかった。
    ・・と言ったら言い方悪いな。
    あのソプラノヴォイス、あんだけ高く歌ってるのにトガってなくて優しい。
    とにかくカンペキでした。
    ここから視聴できます

    そんなんで今年のセントパトリックスデーは、同じアイルランドでもパーティーではなく歌を聴いて過ごしました。ちょっとまったり。

    ここから先はグチになるので付き合ってくれる方のみどうぞ

    more... »

    カルチャー | comment(4)   trackback(0)

     フィルム・フェスティバルレビュー 日曜日編

    しば~らくアップしてませんでした
    もう2週間近くも前の話になってしまいましたが、フィルム・フェスティバル日曜編!
    3月5日に上映された作品を紹介します!

    +長編+
    Silent Messengers
    Lord of the Brush
    A Whole New Thing
    Rhinoceros Eyes


    +短編+
    Stand Because You Can
    Silence
    Fishbowl


    今回はそのほとんどがドキュメンタリーで、注目作品が目白押し。
    では続きからレビューをどうぞ!

    more... »

    カルチャー | comment(3)   trackback(1)

     フィルム・フェスティバルレビュー 土曜日編

    フィルム・フェスティバル土曜編!
    3月4日に上映されたのは以下の通り。

    +長編+
    Souvenir of Canada
    A Simple Curve
    Familia
    Metal: A Headbanger's Journey
    Lie With Me
    (上映2回目)

    +短編+
    Coffee Culture
    Abe's Manhood
    Wonderful


    と言うことでレビューをアップします!

    more... »

    カルチャー | comment(6)   trackback(0)

     フィルム・フェスティバルレビュー 金曜日編

    昨日から始まったFLIKSフィルムフェスティバル
    こないだの記事に書いたように、昨年に引き続きボランティアとして参加してます。
    仕事はいたってシンプルで、ドアに立ってチケットを回収すると言うもの。
    ただ、シングルチケット、3パス、フルパスと3種類あるのでそれに注意しなきゃだけど、地元のフェスティバルということでのんびり気楽な感じです。

    ネルソン唯一の映画館、Civic Theatre。ここでフェスティバルがこじんまりと開催されてます。
    P3040010.jpg

    ということで、昨日3月3日に上映された映画情報とレビューをアップしまーーす!

    more... »

    WWOOF/ボランティア | comment(8)   trackback(0)

     荒川選手と秋田のつながり?

    トリノ五輪日本で唯一の金メダリスト、荒川選手をなぜか我がふるさと秋田県が21日に特別表彰するらしい!

    なんでも荒川選手のお父さんが男鹿市船越出身なのだそう。
    そして「日本唯一の金メダルに輝き、男鹿市民に感動と勇気を与えた」として表彰を発案したのだとか。

    同じ東北出身だと思っていたら、何気にルーツは秋田にあったのですね。
    言われてみると秋田な雰囲気をかもし出しているような、ないような。
    なんにせよ秋田人としては嬉しい

    そうそう、秋田といえば秋田美人!「町中では女優クラスの美人を少なからず見かける」と言われるけど、確かにそれはあるかも。それに白い人はほんっとに透き通るくらい白い!
    同じ女でも惚れ惚れするくらいの美女がクラスメートにもかなりいた。
    ちなみに「秋田美人のなぞ」という不敵なサイトでは、秋田美人が実証されていますっ!
    これによると、コーカサス系などの北方白人系民族と混血・同化し、秋田美人が生まれたとする説があるとのこと。

    ・・で、そういう自分はどうなのかと言うと、秋田出身とは思えない地黒です
    「出身は秋田です」と言うや否や「えっ」と意外な顔をされ続けた東京OL時代。
    白人系民族と言うよりもっと違う人種が混ざったかのような風貌。
    ということで、秋田の人にも色々いるのですね(自爆

    以下荒川選手表彰記事の引用↓
    ****************************
    市によると、表彰は同日に市民文化会館で開かれる「市の記念日記念式典」の中で行われ、記念の盾を贈呈する。荒川選手の出席は難しい見通しだが、晃市さんは「特別表彰は非常に名誉なことで、ありがたい。できれば本人の代わりに夫婦で出席したい」と話しているという。

    荒川選手は、98年の長野五輪出場後に晃市さんらと男鹿市を観光したほか、03年にも祖父の葬儀で同市を訪れたという。
    ****************************
    msnニュース
    つっちーのぼやき | comment(0)   trackback(0)

     Canadian FLIKS Festival開催!

    今日からここネルソンで、FLIKS(Film Lovers in the Kootenays)というフィルム・フェスティバルが開催されました!

    毎年恒例のこのフェスティバル。去年は3月末に開催されたんだけど、今年は1ヶ月ほど早かった。コーディネーターが変わったみたい。
    去年の様子はこの日記で書いてます。ただ、フェスティバルサイトがリンク切れになっちゃってるみたい・・

    今年はかなり期待大の注目映画がいくつも公開される。
    しかも友達のショートフィルムが2本公開されるので要チェックなのだ。

    という事で、去年に引き続き今年もやりますボランティア!
    この特権はなんと言っても全ての作品がタダで観れること!

    早速今日から手伝ってきてショートフィルム含め4本観たんだけど、レビューは後ほどアップします!
    かなり面白い作品もあったので、後でゆっくり書こうと思う。

    今週末は映画づくしだ~
    WWOOF/ボランティア | comment(0)   trackback(0)

     またまた一周年!!

    先日のカナダ到来一周年に引き続き、今日もまた一周年記念日なのです!

    それは何かと言うと、ネルソン到来一周年!!!

    去年の今日、グレハンでこの地へやってきたのでした。
    3ヵ月半ほど離れてた時期があったけど、結局は長期滞在地に決めたネルソン。

    あの時はネルソンがどこにあるかもわからず名前を聞くのも初めてで、何の情報もなくただただWWOOFのためだけにやって来た。
    もともと東へ行く予定だったけど、寒い時期に行きたくないから西でWWOOFをしながら春を待とうって言う考えで、一ヶ月くらい滞在してさっさと移動しようと思ってた。

    それが今こんなことになろうとは。
    ここにやって来たことが、あたしのカナダ生活を運命付けることになった。
    ちょっとしたきっかけって、どう化けるかわかんないもんだな。

    不思議な町、ネルソン。まだまだ居座るぞー!
    つっちーのぼやき | comment(4)   trackback(0)

     ネルソンからJUNOノミネート!!

    カナダで言うところのグラミー賞ともいえる、ジュノー
    この音楽の大祭典に、なんとですね、ネルソンのDJがノミネートされているんです!!

    彼の名はAdham Shaikh(アダム・シェイク)。ここでは当然のごとくかなりの有名人。
    ワールドミュージックアルバム・オブ・ザ・イヤーに「Fusion」というアルバムでノミネートされてます。

    実は、彼はわたしが出会った初めてのネルソン人なのです!
    一年前の今日バンクーバーからグレハンでネルソンへ来た時、同じバスに彼が乗っていたのでした。
    その日の日記「バスに乗っていた数少ない若者の一人はネルソンのDJで、東京へ仕事しに行って帰って来たということだ」って書いてたけど、それが彼なのでした!
    このリンクから、この時期来日した時の写真が見れますっ

    正確にはちょっと郊外に住んでるらしいけど。
    JUNOノミネートのアーティストも住む町、ネルソン!デイブ・ブルーベックの息子さんも住んでるし。
    ほんと、住むほどに面白いところだ!

    ちなみに表彰式は4月2日、ハリファックスで行われます。
    行きたいー!!
    もーう、きっとこの日はネルソン大盛り上がりだろうなあ~!
    絶対絶対チェックなのだ!!
    ネルソン'06年1月~7月 | comment(0)   trackback(0)
    | HOME |
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。