Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 ホステルinトロント

昼過ぎミシサガの友達の家を後にし、トロントダウンタウンにあるホステルへ。
ホステルやバックパッカーって、いろんな国からの旅行者が集まるから楽しい。
まだ友達の家にいることも出来たんだけど、トロントでもホステル体験したいなって思ったしダウンタウンにも早く出たかったんで、入居まで2泊することにした。

場所はケンジントン・マーケットの中にある、The Planet traveler's hostel。鬼のように重い荷物を引きずって死にそうになりながら探したけど、なかなか見つからない!

「看板がないから建物の番号見ながら来て!」
って言われたけど、175の番号が見当たらない。
(※カナダの家には、玄関のところに番号の表札がついてます)

必死になって探してたら、やっと見つけた・・・ここの番号表示は小さいんで注意です。
結局ミシサガからホステル着くまで3時間もかかっちゃった。
は~、出来ることならもう二度とこの荷物持ち歩きたくない!
捨てられない荷物ばかり持って来たのを後悔。

ところでここの宿は立地もなかなかいいし、想像していたよりも全然キレイで、スタッフもフレンドリー。
朝食もコーヒーもお茶もフリー、土曜の夜はバーベキューパーティーがあるみたい。
一泊$25、一週間$150。朝食ついてこの値段はお得!

案内された部屋は、男女共同の部屋。
一緒に旅しているというホモ並みに仲がいいイギリス人の男の子が2人、そしてアメリカから来たカップルが1組という微妙な状況の中、話に取り残されてポツンとたたずむわたし・・・。
それぞれ連れと一緒に来てるから、なんか正直一人じゃ居づらいかも!ホワイトホースのホステルが恋しい!

男どもは寝るとき全員パンツ一丁で寝てる。
それでもそんな寝顔を見て
「かわいい♪」
などとついほころぶところに自分の年齢を感じる。

とりあえずようやくダウンタウンに進出したんで嬉しい!
やっとトロントライフが動き出したって感じです。
トロント | comment(2)   trackback(0)
comments
へぇ~、トロントのホステルは男女共同部屋なんですね。いいのか悪いのか・・・(笑)
しかし、二人組み×2とかだと全く話せませんよね!私もロンドンの時、挨拶くらいでこみいって話ができませんでした・・・。
しかも場所もわかりづらくて、地元の人に聞いても、やっぱりあまりわかっていないみたい。でもまぁ、いい経験でした♪
2005/06/04 02:58 | | edit posted by ゆっこ
>ゆっこさん

部屋が空いていればもちろん女部屋取れたんですが、この時期結構混んでますね~。ホステルって地元の人案外わかんないですよね!現地の人は利用しないもんね(^^)
でもやっぱホステル泊まると友達できていいです!
2005/06/04 10:13 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/136-bdba3783
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。