Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 02/7/12 温泉→エドモントンモール

〈マリーンレイク~エドモントン〉
宿泊:LaPerle B&B ウエストエドモントンモール近く
Hosts: Betty & Cliff Gregory

早朝にジャスパーの宿を後にし、コンノート通り沿いの「SOFT ROCK CAFE」で朝食をとる。パクリのような名前だが、かなりおいしい!マフィンやオムレツなど、どれも満足。ここでしばしメールチェック。人気店なのか、結構賑わっていた。

20050109021517.jpg
なかなかおすすめのお店

朝食後、マリーンレイククルーズへ出発。途中マリーン渓谷に立ち寄る。

メディスンレイクではおばちゃんツアー団体がいて、運転手がアコーディオンを弾いて踊っていた。
車を停めると、「Come on! Come on!」と手招きされ、アコーディオンの曲も「上をむいて歩こう」に変わっている!思わず一緒に口ずさむ。

何だか楽しい気分になりつつ11amのクルーズへ。連日の疲れで半分寝てしまった・・・

その後、ミエッテホットスパへ。温水プールみたいだったけれど、とりあえずリフレッシュできた。
父はロッカー代$1が無くて入れなかったらしい!私はロッカーの鍵などかけないで入ったのに・・・せっかく入場料$6払ったのに残念!

20050109021641.jpg
ミエッテホットスプリングス

3時過ぎに温泉を出て、途中エドソンのマーケットに立ち寄り、昼食(夕食?)を車で食べてからエドモントンへ向かう。

「ここは速度制限が無い」と言い切り、160km/hで飛ばす父。単に標識が読めないだけである。
お陰で7時過ぎにはエドモントンに着いた。

最後の宿、LaPerle B&Bへチェックイン。前日の宿とはうって変わり、最後の宿にふさわしい、とっても温かなもてなしを受ける!
BettyもCliffも本当に親切で、部屋のインテリアもすごく整っていて、ああ~良かったとほっとした。

ホストからロードマップを借り、立博物館に行く。閉館間際で少ししか観れなかったけれど、生きた昆虫や数々の宝石、動物の剥製などがあってとっても興味深い。
一番期待していたインディアンの工芸品は、時間がなくて見逃してしまった!ここへは是非もう一度行ってみたい。

迷いやすいエドモントンの道を呪いつつもウエストエドモントンモールへ行き、遅いディナーのスパゲッティ―を食べた。
今回カナダで食べる最後の夕食。ボリュームがあり、まあまあおいしかった。

夜は山地に比べてかなり暑い。部屋には小さな窓と小さな扇風機しかなく、あまりの寝苦しさに文句を言いまくる父。
この辺はエアコンを使わないのだろうか?と思いつつ、カナダ旅行最後の夜が更ける。
2002年のカナダ | comment(0)   trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/18-97350bed
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。