Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 恐怖のカヤック

昨日から滞在しているメンバーがカヤックに行くと言うことで、あたしも誘われた。
ダイビングで休みもらったばかりだし無理だな・・・と諦めていたら、オーナーが
「一緒に行ってきなさい!できるだけいろんな経験して、ゲストに説明してほしいから」
とまた休みをくれた!
やった!!

メンバーはオランダから来た、あたしよりちょっと年上くらいのかっちょいいナイズガイ(彼が車を出してくれた)、カルガリーから来たタフで好奇心旺盛な17歳の女の子、イギリスから来た大学生っぽい男の子、オーストラリアから来た男の子、バンクーバーから来た台湾人の女性、そしてあたしの6人。

オランダ人のレンタカーに乗ってナナイモフェリー乗り場近くにあるKayak Shackへ到着。
超早口で適当としか思えないスタッフの説明を受けて、ノンネイティブのあたしだけがしどろもどろに。
カヤック乗るのは13年ぶり(!)くらいだし、ちょっと心配なんですけど!

シングルカヤック4隻とダブルカヤック1隻で、迷わずダブルを選択。
台湾人の女性と一緒に乗り込み、とりあえずともかく海へ出た。

出始めは波も穏やかで、のんびり景色を見ながら進んでたんだけど、休憩を取ってあたしがシングルカヤックに交代した後から、どんどん波風激しくなってきた。
それもそのはず、どんどん沖に出て風が直撃する地帯に突入!

気付くとみんなから遅れを取り、挙句の果てには他のカヤックにけん引される始末・・・(+_+)

その後あたしと台湾人の子はダブルカヤックに切り替えて、オランダ人ナイスガイに勧められた楽なコースに進んだんだけど、残りのメンバーは果敢にもさらに沖へ出て行った。

信じられん。
だってこの時点で、既に4時間くらい漕いでんだもん!

荒れる波に酔って気持ち悪くなりつつ、腕も疲労でボロボロになりつつゴールへ。
カヤックってこんなに過酷なスポーツだったのか?!

やっとの思いでたどり着いて後から話を聞くと、彼らが選んだコースは風の強い日には行っちゃダメな地帯だったとのこと。
最初に早口で説明したスタッフは「ハードだけどいい経験になるよ」と言っていたというから、この辺でもカナダ人の適当さがわかる!!
そのコースについて行ったカルガリーの女の子は「死ぬかと思った」って言ってた。

ちなみに通ったコースはこれです。


波風激しいエリアを「デンジャラズ・ゾーン」と勝手に命名しました。ピンクで囲ってあります。
あたしはスタート地点から黄色のラインを通り、戻ってきた。
タフガイ達は2回目の休憩地点からピンクのラインを通ってゴールへ。

川や湖はともかく、海でカヤックするときは風の強い日を避けましょう・・・+_+(当たり前)

まだまだ平和な地点にて↓

ナナイモホステル勤務 | comment(2)   trackback(0)
comments
カヤック、思いのほか大変ですよね!
日本でやったけど、ダブルカヤックも呼吸を合わせないとならないから、これまた大変なんですよね。
後ろにプロがいれば違うけど(笑)
どんどん夏を楽しんでくださいね!
楽しみだなぁ、後追うの(笑)
2005/07/27 05:52 | | edit posted by ゆっこ
>ゆっこさん
そうそう、何気にハードなスポーツですよね!!景色見ながらのんびーりやるもんだと思ってた・・・。
おかげでさらにいっそう日に焼けて、国籍不明になりました(^^;)
西で待ってますよ~(笑)
2005/07/27 07:00 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/204-73fa024c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。