Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 フィルム・フェスティバルレビュー 日曜日編

しば~らくアップしてませんでした
もう2週間近くも前の話になってしまいましたが、フィルム・フェスティバル日曜編!
3月5日に上映された作品を紹介します!

+長編+
Silent Messengers
Lord of the Brush
A Whole New Thing
Rhinoceros Eyes


+短編+
Stand Because You Can
Silence
Fishbowl


今回はそのほとんどがドキュメンタリーで、注目作品が目白押し。
では続きからレビューをどうぞ!

まずは2時から上映されたSilent Messengers。←このリンクから映画の写真が見れます。
これは北の大地に住むイヌイットの文化についてのドキュメンタリー。
神聖な石のオブジェにまつわる話をベースに、現地での生活などが垣間見れます。

Atanarjuat: The Fast Runner(邦題「氷海の伝説」)って映画に主演してたナタール・ウンガラーックって俳優が出てます。ちなみにこの映画もイヌイットの生活が観れるということでかなりオススメされました!

あんま英語が聞き取れなかったんだけど、もともとTV局が作成したものみたい。これ字幕付きで観たかったな。ってどの映画もそうなんだけどさ

かなり貴重な映像の宝庫だと思うんだけど、個人的に一番衝撃的だったのが、獲った魚にそのまま生で食らいつく彼らの姿!
いや日本人だって普通に刺身食べるんだけど、釣り上げたばかりの魚にナイフを入れてそのままバクバクと食らいつくんですよこれは日本人のわたしでも未開拓。


そしてこの映画の前にショートフィルムとして上映されたのが、友人であるChristineが製作したStand Because You Can。交通事故で重傷を負ったヨガインストラクターがリハビリを受けて復帰したという、インタビュー中心のドキュメンタリー。

ちなみにこのフィルムを作った彼女、元々はマッサージセラピストなんです。ウェブサイトはこちら
とにかくいつでもパワフルでおばちゃん。スリムで小さくな身体のどこにそんなパワーがあるんだと不思議に思う。

実はですね、この映画ウェブからもフルで観れます!(約12分)
このページでWindows media playerバージョン、large (27 MB)からダウンロードできます(Quicktimeの方は旧バージョンです)。
しかも一番最後に流れる挿入歌は、あたしのクラスメートが作ったものかなり歌の上手い子が歌ってるので要チェック

・・・というか短編とは言え映画本編をウェブ上に出しちゃっていいの?って気もするんだけどトレイラーならまだしも。
いずれにしても感動するお話なので観てみてください


そして大注目なのがLord of the Brush
決して「Lord Of The Rings」のパロディーではありません!(最初そうかと思ってた)

これは、「Lord Of The Rings」のイラストレーター兼デザイナーであるJohn Howe氏についてのドキュメンタリーなのです!
そして彼は、カナダBC州で育ったのです。しかもここネルソンからさほど離れていない内陸部。
彼の繊細で素晴らしい描写と表現力。そのルーツをたっぷりと知ることが出来ます。

「LotR」の大ファンとしては大必見の作品なのです!!!
(・・・と言ってもあまり聞き取れませんでした)

そうそう、そしてなんともタイムリーなことに、2月末からカナダ大使館で「ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界展」が行われています!日本初、しかも無料!!(詳しくはこちらの大使館イベントページ
3月いっぱいまで展示していて、かなり良いと評判な様子。まだ間に合います!!!日本の方はチェックですよ~~!あたしも見たい・・・


さらにこの映画の前に上映されたショートフィルムは、あたしがネルソンに来てすぐに知り合った友人の作品、Silence
2004年夏のネルソン・ストリートフェスティバルでパフォーマンスされた日本芸能、舞踏を撮影したものです。題名どおり台詞の一切ないサイレンスフィルム。
カメラアングルも素敵だし、やるじゃん我が友よ

去年もこのフィルムフェスティバルで上映されたんだけど、今回変わったのは音楽。
以前の記事で紹介したJunoノミネートの地元DJ、Adham Shaikh(アダム・シェイク)が担当してます。
尺八の音色を取り入れ、以前のバージョンよりかなりストーリー性が出てきたように感じた。映画って音楽一つでここまで変わるんだなぁって思った。


そしてノバ・スコシアで撮影されたA Whole New Thing。監督の舞台挨拶あり。
思春期の少年の性などをコミカルに描いた作品。主にゲイについてで、ちょっとした異色作品。


わぁ~長くなってしまった・・・その他の2作品はほとんど観てなかったのでカットします~。

この日はアカデミー賞と重なったこともあってか、お客の入りが他の2日間と比べて少なかった。ちょっと残念。いい作品がたくさんあったのに。

とにかく映画を観まくってスタッフにも恵まれ、フィルム・フェスティバルのボランティアを十分堪能しましたっ!!
カルチャー | comment(3)   trackback(1)
comments
TB&コメントありがとうございました。
つっちーさん、こんばんは。
気まぐれ足跡2の管理人、レイナです。

私はカナダに行った事がないのですが、
自然が美しいというイメージがあります。
やはりハウ氏が描かれる素晴らしい世界観も
そんなカナダがあってこそなんでしょうね。

他のレビューもとても面白く読ませて頂きました。
2006/03/19 00:16 | | edit posted by レイナ
LOTR
お元気そうで何よりです。
俺もいよいよ出発まで3ヶ月を切っていろいろ準備を始めています。
その中で持って行くものリストを作っているんですが、その中でも英語の勉強も出来ると言う事でDVDが有り、DVDで何を持って行こうかと考えた時に、真っ先に頭に浮かんだのがLOTRでした・・・、そして3作全部買っちゃいました。多分何十回と見る事になるんだろうなぁ。セリフまで覚える勢いで勉強しちゃいますよぉ~。
2006/03/19 01:16 | | edit posted by Marcy
>レイナさん
コメントありがとうございます!
ほんと展示会行きたかったですよ~~!原画を実際目の前で見たらすごい迫力でしょうね・・ハウ氏にも直接会ってみたかった。
ほんと東京って何でもある街ですよね。つくづく思います。

>Marcyさん
LotRのDVD持ってく予定なんですか~!なんか本とかも持ってくって言ってたし、何気荷物多そう!でもDVDはあると便利ですね、きっと。あたしは今さらながらDVD付きのPC買えばよかったって思います。まあ何が何でも必須と言うわけではないけど、あると重宝するでしょうね!
2006/03/19 09:24 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/368-952d730a
trackback
「ロード・オブ・ザ・リング」のコンセプチュアル・アーティストであったジョン・ハウ氏の展覧会レセプションパーティーに参加してきました。指輪好きの私にはこの詳細を知ったときから、絶対っ絶対行きたくてダメもとで応募したら当たっちゃったという2月の終わりに素敵な
| 気まぐれ足跡 2 | 2006.03.19 00:00 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。