Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 日本が嫌い

ちょっと思い出したので書いてみます。

こないだ学校のパーティーやってみんなが集まった時、中国からの留学生(2年生)に面と向かって「I don't like Japan.」って言われた。
パーティーでちょっと話してて、みんなで普通に笑って話してるときに彼は中国人であたしは日本人だって話になったらいきなり。
・・意味不明。

中国や韓国では反日感情が高いって言うけど、一個人として楽しくパーティーしてる時にわざわざ面と向かって言わなくたっていいじゃんねぇ。。
彼と仲いいならともかく、ほとんど交流なかったのにも関わらず。
別に聞かなかったフリして何のリアクションもせずに流したんだけどさ。
まああたし個人に対して言ったんじゃないし、その後も普通に笑って会話したので、悪気がないとは思うけど。

彼がなぜ日本が嫌いなのかは聞かなかったし、理由はわかんない。
単に個人的に嫌いなのか、反日感情のあおりで嫌いなのか。
正直情勢にうとく歴史の成績が非常に悪かったあたしは、根深い問題がよくわかりません

たいていのカナディアンは親日家。しかもここネルソンはほとんど現地の人達で構成されてるし、以前インターナショナルスクールがあって日本人のいい子達(彼ら曰く)が多くいたこともあり、すごく日本に対してプラスの考えを持ってくれてる。

だからカナダに来て初めてまともに聞く日本批判でした。
ちょっとショッキングですっ

いずれにしても、自国の事も他国の事もよく知っとかなきゃなってつくづく考えさせられます
カルチャー | comment(6)   trackback(0)
comments
つっち~さん
お疲れ様です。 災難。。。
自分の大学の先生じゃないんだけど、交流のある先生からのブログの抜粋(ちなみに自分は無宗教なんだけど、確かに少しは考えさせられる内容です。)

ここからみっきい先生(大学の先生)からの抜粋--->
謝世輝という人は『言霊の法則』の中で、我々の口から発声された言葉は、「耳や目、口を通して、我々の潜在意識に働きかける。ふだん無意識に使っている言葉を意識してプラスのものに転じ、さらに信念を込めることで、ただの「言葉」を、想いを実現する強力なパワーを持った「言霊」に変えることができる」と説き、「いままでの成功者はみなこの「言霊の法則」を知っていた」と言う。

彼はまた、「記憶にないほどのつまらない言葉の羅列と、無意識に発せられている大量のマイナスの言葉によって、当然のごとく、毎日を過ごす。そういう人はまさに、自分が発した言葉どおり、マイナスに満ちた人生を生きているといってもいいのかもしれない」と書いている。その通りでしょうね。

で、他人に対して悪意を持った言葉を投げかける人は、自分の潜在意識にも同じ事を言っていることになります。あなたの人生を動かすミラクル・パワーを持つ潜在意識は、他人に発した言葉と自分自身に向かって言った言葉とを区別しません。他人をけなしたり、ののしったり、バカにしたりすると、それは災いとなって自分の方に返ってきます。



今日の一言

軽蔑を表すには沈黙が最も完璧な方法である。 バーナード・ショー
-------<<<ここまで。

だそうです。 
自分もキャッスルガーにいたときに、ブルーベリークリークっていう場所で小学生たちに日本文化を教えるボランティアしてましたが、そこで広島の歴史で原子爆弾について講義することがありました。

小学生たちにとっては、a-bombを落としたアメリカについてどう思うかも聞かれましたが、私は生徒にどちらが悪いかなんて言うことはできなし、これはみんなが勉強して事実をしってから個々が考えてくださいっていつも言っていました。  日本にいるとき以上に、自分の国”日本”について勉強したカナダ生活でした。 外からみる、自国ってやっぱり懐かしさ、すばらしさがよくわかると思うんだけどなぁ。

本当に、一義的な考えだけでいろんなことを発言する人たちの価値観は疑いますが、それがわかるだけ、つっちーさんはすばらしい。v-91  
今回はちょっと固い内容でしたが、自分にとっては考えさせられる無いようでした。

ついでに。 キャッスルガーからトレイルに向かう道の間にあるコミンコって鉄鋼関連企業は、広島、長崎の原子爆弾の重水素関連を抽出したとか。。。本当に世界は狭い。。。

がんばってくださいね~~。  ゆた
2006/04/26 19:04 | | edit posted by yuta
I don't like China
こんにちは。以前かずーっと日記を読ませていただいてました。ワーホリビザでトロントに滞在中のものです。自分もここトロントで沢山の人に出会いましたが、面と向かって中国人や韓国人に、「私は日本が嫌いだ。」と言われたことがあります。韓国人の場合は自分の友達がほとんどで、でもその後で「でもKENは日本人だけど友達だから好きだ。」と言ってくれるし、それがかえって嬉しかったりしたんですが。
でも、自分はもしつっちーさんのような状況で、対して親しくもない中国人にそんなこと言われたら、間違いなくこっちも笑顔で「I don't like China,too」と言い返してしまうと思います。その点、何も言わなかったつっちーさんはすごく大人だな~って感じました。
自分の場合、実は日本にいる時は、特に大きな理由もないんだけど、なんとなく中国や韓国が嫌いでした。それはきっとTVの報道とかを見てて、自然に流されていたんだと思います。でも、こっちへ来て、韓国人の友達がたくさん出来てからは、そんな偏見もなくなって、今では韓国は大好きです。次に行ってみたい国の最有力候補にもなってます。
でもその反面中国はね・・・なんだか実際に友達としてつきあっている人がいないというのもあると思うけど、ますますイメージダウンしてます。というのも、彼らは英語使おうとしないし(使う必要がないからだろうけど)、他の民族に比べて失礼な人が多い(バスとか地下鉄に乗ってても「EXCUSE ME」の一言も言わずに黙って強引に座ろうとしたり割り込もうとしたり・・・)、あと、自分が過去に入居した家のオーナーのうち2人は中国人だったんだけど、とてもお金に汚いというか・・・。あくまでも自分の経験だけで、自分がたまたまそんなチャイニーズにしか出合ってないからかもしれないけど。そんな自分なんで、今回のつっちーさんの日記はとても考えさせられる内容でした。自分も近いうちに同じようなテーマで日記書こうかなと思ってます。もしよかったらまたこちらのブログも見に来て下さいね。それでは長々と失礼しました^^;
ちなみに、自分の友達の韓国人の多くは、中国に対してあまりいいイメージを持っていないみたい・・・。それも韓国好きになった理由かも^^;
2006/04/27 06:16 | | edit posted by ken
>yutaさん

貴重なコメントありがとうございます!小学生にボランティアされてたなんて、すごくいい経験ですね!e-420
そして「事実を知ってから考えるように」って教えたyutaさんをすごく尊敬しますっe-278それが一番大切なことですよね!
国を好きか嫌いかと言うのも、いわゆる偏った情報などでは決められないし、事実を自分の目と耳で知るってことが一番ですね。

彼が何で嫌いなのかわかんないけど、きっとそれに対して講義したりするよりも、彼が自分の目と耳で確かめていけばいいのかなとも思います。
だからこそ自分もいろんな知識や理解、見聞が必要ですね。

言霊の大切さ、わかる気がします。確かに潜在意識に働きかける部分って大きいと思う。使う言葉と気持ちの持ちようで物事って変わるんですよね。わたしも気をつけなくちゃ!

>Kenさん

始めまして、コメントありがとうございます!

面と向かって言われても言い返さなかったのは、売り言葉に買い言葉ってのが嫌だし、パーティーの場所で繊細な話題になるのが嫌だったのもあるし、なぜそう思うんだろうって思ったからです。
だからほんとはなぜ日本が嫌いなのかその理由をやんわり聞いとけば良かったな。
彼が個人的に嫌なことがあったのか、それともメディアからの判断なのかって。
こんな小さな国際交流からでも、理解しあう姿勢が大切ですよね。
いずれにしても、そう言われちゃうと最初から拒まれているようでいい気はしないなぁ。

ある一定の国や人種を嫌うがゆえにその人たちを無差別に襲うって事件はよく起きるし、日本人に対して中国人がそうすることもあったけど、こういうのってほんと悲しいことですね。

だからこそ個々としての関わりなど小さな関係からの国際理解ってほんとに重要だって思います。
でもそれでKenさんの言う人達のようにマナーが悪かったりするとがっかりだけどi-229

自分も一日本人としていい印象を与えるような外国人でいるように気をつけなきゃなって思います!
2006/04/27 11:43 | | edit posted by つっちー
中国と日本
中国人や韓国人がI don't like Japanというのはよく聞きますね。 でもそれは文化的な問題であって、I don't like youではないと思うんですけどね。 彼らが日本を嫌うのは日本が過去にした事を表に出さず、しかも若い世代の人は何も知らない、誤る以前の事だからだと思うんですよね。。。でも友達に中国人と結婚してる子もいるし、父は中国生まれの中国育ちなので中国人の友達もいますが、「個人」で仲良くなれれば国の問題なく個人を好きになれると思うんですけどね。。。でも歴史とはまた別に、中国人は子供が人に迷惑かけてても注意しなかったり、レストランで大きなゲップしたり・・・そういう所は私もあまり好きではないですが・・・個人として仲良くなれるチャンスあれば、それはそれでおもしろいかなって思います☆
2006/04/28 05:16 | | edit posted by ohayo-canada
>ohayo-canadaさん
コメントありがとうございますe-69
個人的に「I don't like you」と言うにではないにしても、それを伝えるタイミングもあると思うんですよね。。

日本が過去にしたことも、謝ったかどうかと言うことも、日本って過去何度も必要以上に謝ってるみたいだし、それに必要以上に援助してるのに、そうすると「何でも金で解決」みたいな感じに逆に言われるのって、どうも腑に落ちない。。
そういう事実が中国や韓国のメディアに報道されてるのかって言うと疑問だし、いつまでも過去にとらわれるスタンスも疑問。それなら日本とアメリカだってすごい過去持ってると思う。アメリカが原爆で正式に謝罪したかって言ったら謎だし。。

特に一部の中国や韓国の人たちの日本人バッティングには信じられないものがあるし、その教育も疑うし、私は何かが狂ってると思うんですよね・・
2006/04/29 00:35 | | edit posted by つっちー
Flower Travellin' Band
カナダと大変縁がある日本のロックバンドをご存知ですか?
60年代に日本人ミュージシャンとして始めて海外進出しカナダで
ランキング1位を獲得したFlower Travellin' Bandです。

日加交流架け橋の先駆者であり功労者であるものの、しかしながらその功績はあまり知られてはいません。ボーカルだったジョー山中氏は音楽活動も40周年を経て今年9月に還暦を迎え現在も第一線で活躍なさっています。是非改めてこの機会にその存在を皆様にお伝えしたく書き込みさせて頂きました。
(もしどなたか当時の活動などお判りになる方いらっしゃれば是非教えて下さい!)

(参考資料)
http://www.shwalker.com/shanghai/contents/spinterview/200412/index.html
http://www.joe-yamanaka.com/
http://www.angel.ne.jp/~water/flower/flower.html
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30843737
2006/05/02 08:16 | | edit posted by SOUL
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/401-74609328
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。