Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 GIC3日目~木との対話と悲しみのダンス

GIC3日目の日曜日、ワークショップを2つ受けてみました。

午前、午後共かなりたくさんのワークショップが行われていて、その中からどれかをピックアップするのが至難の業。
みんなかなり興味をそそるものばっかりなんだもん!

とりあえずこの日午前中受けたのは「Yoga, Writing & Reflection」、そして午後の「Greif Dance」。

ヨガのワークショップは、外のテントで行われた。
マントラの歌をBGMに、一つ一つポーズをとったあとでインストラクターがみんなに何かを質問し、その答えを自分なりに紙に書いていくというもの。
質問内容は「この○○から何を感じるか」とか、とにかくスピリチュアルなもの。
なんか抽象的なものも多くてうまく書けなかったけど。

あとツリーのポーズを実際木の前でやって、木についての自分の感じた事を書いたりした。
みんなで木の前に立ってツリーポーズをするってのは傍から見たら異様な光景だと思うんだけど、実際なんだかほんとに木のパワーを感じるようでびっくり。
今までじっくりと「木よ、あなたは何を考えているのですか」などと語った事があまりなかったんで、とても心が静まるというか神聖な気持ちになりました。


午後の「Grief Dance」は、「Grief」の意味がわかんなくて何のダンスだろうなと思って会場に行ってみた。

10人くらいみんなで輪になって座り、真ん中にはキャンドルと木の枝、かぼちゃをくりぬいたようなボール、そしてクリスタルが。
フランキンセンスのエッセンシャルオイルを順番に嗅ぎ、一人一人にセージを燃やした煙が振りかけられる。
みんなフランキンセンスを香水のようにばしゃばしゃ身体につけてたんだけど、大丈夫なんだろうか?

プレゼンターの人がいろいろ説明するけど部分的に聞きとれず。
なんだかわからないまま座ってたら、参加者の一人がおもむろにクリスタルをつかみ、自分の体験話を始めていきなり激しく泣き出した!!

そう、これはダンスパーティーでもなんでもなく、「Grief」、つまり悲しみのヒーリングだったのですっ

参加者が次々に自分の苦しい過去を話していくんだけど、みんなつらそうで痛そうで、若い人もおばちゃんも男の人も子供みたいにわんわん号泣。
その辛い経験というのも、「失恋しちゃいました~なんてレベルの話じゃなくて「津波に遭った」とか「息子と別れた」とか「友人がエイズにかかった」とか、すごく重く苦しいものばかり。
そしてみんな「I hear you」とか「You are not alone」とか、他にもインディアン特有の相槌をうちながら涙して聞く。
話を聞くうちついついもらい泣き。

そして木の枝は怒りに使用する道具。かぼちゃのボールはその中に顔を埋めて自分の感情と向き合う道具。クリスタルは良くわかんなかったけどたぶんそれを手にして自分の感情を浄化するための道具。

激しい怒りを感じた人は木の枝を床にばっこんばっこん叩きつけ、「なぜだ!!なぜなんだ!!!」と怒り叫びまくる。
強く悲しみを感じた人はかぼちゃのボールの中に顔を埋め、「うわ~~~~~ん!!!」と泣き叫ぶ。

これはなんだかすごいものに参加してしまいました

うーん、これはあたしも何か語るべきか。
でも今特に苦しんでる事ないし、ヒーリングするものもないし、過去の悲しい事無理やり思い出してかぼちゃに顔突っ込んで泣きわめくべきなのか。。。

一人一人告白しあい、最後にずーっと口をつぐんでいたあたしの所にみんなの視線が。

「何か話したいことはありますか?」

うう~~。だめだ。何もない。
「ごめんなさい、特に今悲しいことありません」
・・なんか、ほんと何しに来たんだ状態。

そして最後にプレゼンターが
「さあこの悲しみを解き放すために踊りましょう」と言って音楽をかけると、みんな個々に自分の悲しみを全て解放しようと好きなように踊りまくる。
中には床を転がりまわっている人も。
今ひとつ入っていけてない自分。

それが終わるとみんなで肩を抱き合い笑顔でキスしあった。

なんだかとてもパワーが必要なワークショップでした。。

こういうヒーリングって、日本ではあるのかな。
文化の違いもあるし、自分の悲しみをあそこまでみんなの前でさらけ出せるかな。
でもこうして悲しみをみんなでシェアすることはとても重要だし、それによってヒーリングができる。
なんにしても貴重な経験でした。
WWOOF/ボランティア | comment(3)   trackback(0)
comments
爆笑しちゃいました。面白すぎる。
すごいね、このワークショップ。
床転がりダンス、私も見てみたい。。
次回はぜひかぼちゃに顔を突っ込んで泣いて下さいな。
2006/07/21 02:55 | | edit posted by ちょび
うーむ。
そういう時は何も言わずに
かぼちゃに頭突っ込んで泣き叫べばよかったんでない?
カナダでの嫌な経験を赤裸々に語ればよかったのに☆
2006/07/22 00:09 | | edit posted by Akira
>ちょびさん
ほんと、いろいろ濃かった。。もう少し入り込めたらまた違う世界が待ってるんだろうなと。
もっと殻を破ってみる必要アリだな。
Starbelly楽しかったね~。9月に学校で!!

>Akiraってぃ
まあね、今思えば過去の痛手でも思い出して泣いとけばよかったかも。もっと一体感持てたかなー。
というかカナダでの嫌な経験って・・むしろギャグになりそう。
2006/07/26 15:39 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/459-c7548bcb
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。