Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 耳だけで弾くピアニスト

今年の1年生は才能ある人が結構入ってきてるんだけど、一緒にマッサージビジネスやってるモントリオール出身のマシュー君にはいつも圧巻されっぱなし。

彼と話し出すと止まらない。
と言うのも彼の話と指が止まらない。

彼は映画音楽の製作を目標として入学してきて、あたしと同じくピアノを専攻してる。
彼と音楽の話になり、一度ピアノの前に座って弾き始めると止まらない。
「ごめんこれが最後ね」
と言いつつも、次から次、次から次へと覚えている曲を弾きだす。

一体全体この人は何曲暗譜しているんだろう??

しかも驚くことに彼は楽譜が読めない。
ピアノのレッスンもここに入るまでに1ヶ月しか受けたことがないらしい。
だからフィンガリングもわからない。
その割にめちゃめちゃ音がいい。

彼は全て耳から曲を理解し、しかもありとあらゆる曲のコード進行を頭にインプットしているので、たいていの曲は2回くらい弾くと覚えるそう。

さらに驚くことに、彼のもともとメインとする楽器はピアノじゃなくてドラム。
一度ライブでドラムやってるの見たけど、ものすごかった。びびった。

そして彼の作る曲はまさに映画。
フルオーケストラの演奏をコンピューターで作り上げてる。

・・・学校いらないじゃん!

と思ったけど、彼にとっては理論や楽譜を見るのが一苦労なのでそれを学びたいのだそう。
あとうちの学校にはかなりいい作曲の先生がいるので、フィルムスコアリングを特に学びたいのだそう。

「僕は君がうらやましいよ!楽譜も読めて歌えるし」

うわー、もうとんでもございません!
彼の才能にはまじで脱帽です。

でもとりあえず彼から学んだこと。
曲は楽譜からじゃなくてまずは聴いて覚えるもんだってこと。
そしてそれを自らトランスクライブして楽譜に起こし、そのコード進行を活用して、できれば毎日何かしらの曲を作ってみる。

耳を鍛えねば。。
カレッジ留学生活2年目 | comment(7)   trackback(0)
comments
耳コピは基本ですよ。
しかしその人ピアノ経験少ないのにすっごいねぇ。
2006/11/03 23:30 | | edit posted by Akira
お久しぶり!学校でたくさんの事を学んでるね!同じネルソンに居るのに、ぜんぜん会えないね。私も耳から聴く方です。生徒にも、全部耳から入れて、そっからうたわせ、弾く、読むという過程。メロディーやハーモニーはすべて耳から入れさせたよ。

私は今音楽から離れ、ゆっくりした生活してます。初めてのネルソンの冬。雪がどんどんこくなり、ちょっとびびっているけど、とてもきれいですね。今もまた雪が降り出した。ウィンタータイヤ買ってなかったから、家から出れません。彼が昨日帰り道で、車道の際に落としてしまって、CAA呼んだよ。。。 

ゆきちゃんも気をつけてね!

2006/11/04 02:47 | | edit posted by mika
それって絶対音感??すごいですね。そういう人に生まれたかったぁー。自分はクラッシックばっかだけど楽譜がないと何もできません。こういう話をきくと、自分はまちがったやり方でピアノ弾いてきたんだなぁーって思いました(笑)でもつっちーさん、そういう人たちに囲まれて勉強できるのはうらやましい!いい影響うけるといいですね★
2006/11/04 04:02 | | edit posted by みき
つっちーさん、お久しぶりです。

で色んなコトを学んでるんですね~
ピアノの事など全然分かりませんが
「耳で音」を理解する!
これって英語を学ぶ上でも重要なポイントですよね。

それにしても才能って素晴しい!
2006/11/04 09:47 | | edit posted by さぁぁ
>あきらっち
彼はピアノ経験というか習ったのが少ないって感じ。あれだけ弾けたらいいよなー。クラシックと基本的にコンセプトが全く違うんだろうね。

>みかちゃん
ほんと全然会ってないね。月曜日に会えるかな?
みかちゃん絶対音感持ってんだよね。やっぱ聞くクセをつけとかなきゃな。ほんと基本は耳だね、理論はそれを説明してるだけ。。
雪道、ほんと車気をつけてね!あたしは雪国育ちなのでとりあえずはだいじょぶよv-276

>みきちゃん
多分彼はね、絶対音感は持ってないよ。聞いてピアノで音を確かめるって感じで。絶対音感生まれつき持ってる人っていないと思うのでみきちゃんもその可能性ありかもよっ?!
プレゼンお疲れ!部屋見た?

>さぁぁさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
ほんと、才能は努力と練習の賜物って言うものの、習得の早さには違いがあるしねぇ。。
ほんと、足りない部分を鍛えねば!って感じですっ。
2006/11/04 14:33 | | edit posted by つっちー
私も
こんにちは つっちーさん。
私も彼同様、楽譜が読めません。ですので曲をひとつ自分のものにするのに、相当な時間がかかって、何度も何度も同じところを聞くので、CDを1枚だめにすることもよくあります(笑)

私もピアノを始めたのは映画音楽(ドラマBGM)からでしたが、そのおかげでコード進行をみると、「あぁ~なるほど」となってきました。
Gillesにピアノを聴いてもらい、私の練習方法を話したとら彼は「そのGift(才能)を伸ばすために、基礎的理論を勉強したほうがよい」とアドバイスをくれました。そのときに薦めてくれたのが、あの本だったってわけです。

映画(TV番組)の曲を弾くときには、オリジナルのキーにこだわります。だって、そのほうが人前で弾いたときに「おぉ~っ!」という反応が大きくてまた練習しようという励みになるからです(笑)。先日も、「大改造!劇的ビフォー・アフター」のテーマ曲を人前で弾きましたが、しっかりうけました(笑)。

これから寒くなるので、私のようにずっこけないようにお気をつけくださいね(笑)。

では!
2006/11/04 23:23 | | edit posted by Library Loungeの住人
>Libraryさん
映画音楽って、美しいコード進行の宝庫みたいですねー!
そのピアニストの子も、そこから始まってるみたいです。
耳から入ると理論勉強したとき「ああなるほど」って思えるんだろうな。
2006/11/06 01:35 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/519-185c7e61
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。