Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 日本でのいじめ問題

最近音楽の話題ばっかり書いてたけど、今日は日本のニュースについて触れてみたいと思います。

ここんとこいじめによる自殺のニュースが後を絶たない。
いじめって昔からある永遠のテーマな気がする。

msnの記事でこんなのを見ました。

自殺予告:大人によるいたずらの可能性?石原知事が見解


あたしはいたずらとは思わないし、確かに送られたほうとしては当惑するけど、それだけたくさんの子達が行き場をなくした助けの声をあげてるんだと思うな。

手紙の内容の
「僕は死にます。僕をいじめた人たちも自殺してください。」
ってとこは感情的な部分が強く出てて問題だけど、いじめられてる子達ってほんとに行き場をなくしてるんだと思う。

大人になってからは自分の力で生き方を変えられるけど、子供時代はいろんな規制がある。
親の事情、周囲の抑圧。学校は「義務」で、行かなきゃいけないもの。
そして「学校」がその子の中で「世界」になってしまう。

それでもカナダだったら「ホームスクール」って選択もあると思う。
親や周りの大人が責任を持って、家庭で教育するシステム。
ホームスクール経験者を何人か見たし、その教育にもよりけりだけどあたしはすごく賛同するシステム。

話がそれたけど、「行かなきゃいけない」学校は、いじめを受けてる子達にとっては拷問以外の何物でもないと思う。

記事の中で石原都知事が「いたずらだ」とか「迷惑だ」とか「自分で戦え」と切り捨ててるのを見て、ちょっと恐ろしくなった。
いかにも彼が言いそうなセリフなんだけど、多分彼は絶対いじめられた経験がないんだろうな。

ファイティングスピリットが大事だとも言ってるけど、確かにそれはそうなんだけど、いったんいじめが始まってしまうといじめられてる子達はどんどん自信を無くしておどおどしてしまう。
1対1なら反撃も出来るかもだけど、一度集団いじめのサイクルが出来上がってしまうと一人じゃ太刀打ちできない。

いじめにあってる子が無理に反撃したりすると、さらに「生意気だ」などといじめがエスカレートする可能性だってありうるし。

いじめの原因ってもともとはほんとにくだらないことだったり、本人じゃどうしようもないことだったり、勘違いによるものだったり、いじめる側本人に問題があることだったり。

いじめられてる子達は、自殺宣言をする前に普段から勇気を出して周りの人に話すことを頑張って欲しい。
そして「嫌だ」ってことをもっとアピールして欲しい。
一般的に言われてることだし当たり前のようだけど、ここが一番難しいところだと思う。自尊心も傷つくし。

どこのクラスにもいじめっ子がいるように、どこのクラスにも正義ある子や心優しい子はいる。
どこのクラスにもいい担任が付くとは限らないけど、学校の中に少なくとも一人はわかってくれる先生がいるはず。

あたしが中学の時はいじめについてのアンケートが行われて、いじめられているどうか、いじめているかどうか、いじめを見たかどうかなどを調査した。
全員が正直に答えたかどうかは疑問だけど、少なくともいじめられていると記入した子の為に学級集会が開かれた。
その子の名前を公言して、なぜいじめるのか、その子がどんな気持ちでいるのか、何に問題があるのか、そしてその行為がどれだけ不当かなどを話し合った。
初めて気持ちを理解して泣き出す子もいたし、そのいじめられている子に同情して励ます子もいた。
いじめられている子の親もかなり真剣に関わってきて、いじめている子全員の家に電話をかけて、本人と親に抗議したりしてた。

今の学校教育がどういう形で進められているのかわからないけど、職員は忙しくてこうした生徒間の問題に無関心、もしくは関わる余裕がない状態に陥っているのかもしれない。親も同じように。

文部省に自殺予告をしても、状況が見えないと防ぎようもない。
こうしたいじめに関しても、一般的な問題にしても、さらには大きな病気にしても、元をたどればほんとに小さな、身近で解決できるところに行き着くはず。


あー、それにしても長々と書いてしまった。
とにかく石原都知事の心無いセリフには腹が立ちます。

さ、学校行く準備しよっと。
カルチャー | comment(2)   trackback(0)
comments
まぁ要するに。
いじめは永遠に無くならないって事だね。
2006/11/11 20:18 | | edit posted by Akira
>あきらっち
最近の日本、いじめのニュースばっかじゃない?
いじめは完全に消えないにしても、周りの人が理解してあげるのが大切って思うよ。
2006/11/13 15:24 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/523-def17960
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。