Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 期末のピンチ

先週末は何かと忙しかった。
去年からこの街にいた日本人のみかちゃんがビザの関係で帰国しなければならず、土曜の夜はRoyalってバーでみんなで会ってた。
また一人ここから日本人が去ってしまったよー。

金曜はコメディアンのショーにゲスト出演して来た。以前(1年半前?)も出させてもらった、ルーカスマイヤーズというローカルコメディアン。彼はカナダ全土やニュージーでも公演している、何気にこの辺では有名なアクター。
いつも彼のショーは満員なんだけどこの日の客入りはぼちぼちで、あたしもなんだかちょっと調子狂ってしまった。でもどんな状況でもベストを出してパフォームできるかどうかがミソなんだよな。

続いて土曜の夜は「First Roots, First Fruits」というファーストネイションのチャリティーイベント。
これ。
firstroots.jpg

ここで2曲歌わせてもらった。
企画側から日本語の曲を歌ってほしいと言われ、オリジナルを含めてウクレレ弾き語り。ファーストネイションのイベントということもあって、母国語をリクエストしたんだろうな。
広いホールに、かなりたくさんの人が集まってた。あたしの出演は夜9時半だったこともあって、家族連れはその前に帰っちゃったりしたけど。

そんでこの日の夜、どっかで部屋の鍵を落としたみたいで、夜中家帰ってから部屋に入れなかった。
大工やってるルームメートが3時頃帰ってきて、こじ開けてもらったけど。
もーついてない。

ついてないことは続くもんで、今日はイヤートレーニングのディクテーション(聴き取り)テスト。期末の大事なテスト。
それなのに、大失態をしてしまった。


そのクラスの前のビジネスのクラスに、前回書いたように某著名プロデューサーがゲストとしてやってきた。担任に「各自自分のプロモーションCDを用意してくるように」って言われて用意してたんだけど、授業中はその話題になることなく終了。

次のクラスのテストまでの短い休憩時間になんとか渡そうとしたんだけど、彼の周りには当然何人かの生徒たちが集まって質問攻め。彼も話し好きで、話が止まらない。
あたしはアホみたいにCD握って彼の横にずっと立っててチャンスを待ってたんだけど、一向にその気配がなく、気付くと既に次のクラス開始から5分遅れてた。

もう待てないとイヤートレーニングのクラスへ駆け込むと、当然もうテストは進んでた。
そんなんで最初の10問をみすみす逃してしまった。
テスト終了後担任が「どうして期末の大事な試験に遅刻したんだ?遅刻したらテストを受けさせない講師もいるんだよ」と。

CDは渡せなかったしテストには遅れたし、自分のせいだけどもう散々。
そんなんでイヤートレーニング、もしかして落第するかもしれない。
また担任に頼みにいこうと思うけど、でもどうだろ。
あまりに落ちて次のハーモニーの授業(テストはない授業)すっぽかして家に帰った。
今まで一度も授業欠席したことなかったんだけど。
そんで今また学校戻って課題やってる。

あたしは今学期、無事単位全部取れるのかな。
カレッジ留学生活2年目 | comment(4)   trackback(0)
comments
過ぎた事はしょうがないし気ぃ落とさずガンバ!
一晩寝りゃ大丈夫☆
2007/04/03 12:42 | | edit posted by Akira
>あきらっち
ありがとよー。うん、一晩寝たら治りましたv-48
2007/04/04 08:49 | | edit posted by つっちー
お久しぶりです!
かなり久しぶりの登場で、もうお忘れかも…泣
つっちーさんはパワーがあってうらやましくなるけど、そういう人に触れるとこっちもパワーが出てきます。
時には誰でもへこむ事はあるけどね!
またこれからおじゃまさせてもらいまーす♪
2007/04/04 09:56 | | edit posted by lemon
>lemonさん
お久しぶりです、思い出しましたv-14
パワーを感じていただけて嬉しいですv-91って自分では最近マイナスパワーが充満してるような気がするんだけど。。
でも出来るだけプラスの気に変えていきたいって思いまーす!
2007/04/06 02:31 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/599-f4f8f316
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。