Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 2年間の授業のレビュー

この2年で習得したコースをレビューしたいと思いまっす。

うちの科は成績70%以下は落第。単位をもらえません。
他の学科は60%以上はパスというところも多いので、それに比べると油断するとすぐに落としてしまう。

全体を振り返ってみると、1年のときはかなり成績よかった。歴史の授業以外。
歴史の授業の成績が悪くて、せっかく他でA+とかAとかばっかり取ってても、そのせいで平均値がぐっと下がった。

2年になってから、英語の授業(!)が入ってきたり作曲にかなりの時間を取られたり、チャレンジを要する科目がどっと入ってきた。そんでもって成績の平均もさらにダウン・・

もちろん成績が全てじゃないんだけどね。。でも技術的な面に関してはやっぱり成績に反映されるからな。
先生によっても評価が違うから、甘い先生の授業ほどAが多くなったり。

以下、各授業のレビュー。

・Private Lesson I~IV
各専攻楽器のプライベート・レッスン。1年から2年次までの4セメスターに渡っての必須科目。
あたしは1年次にヴォーカル専攻してたんだけど、レッスンに物足りなさを感じたのとピアノの必要性をめっちゃ感じたのとで、2年次はキーボードに変更。
まだ単位取り終わってない。今学期でキーボードのIとIIを取り終えたところ。
IとIIは1時間、そしてIIIとIVは2年になってからの専攻によって変わる。パフォーマンス科は1時間、それ以外は30分。

・Instrumental Lab I~IV
各専攻楽器のグループ・レッスン。必須。1時間の授業。
ヴォーカルはマイクテクニックを教わったりソルフェージュで曲を歌ったり。正直つまんなかった。
キーボード科はいろんなスタイルを研究したり。特にテキストはなく、楽譜を初見したりプリントを渡されたり。もう少しオーガナイズされてればいいなと思うけど、得たテクニックは多い。求めればいくらでも答えてくれる講師。
これも専攻を変えたために単位取り終わってない。

・Contemporary Harmony I~IV
ハーモニー、いわゆる音楽理論の1時間の授業。1年次は必須で、2年次プロダクション科以外は必須。テキストはバークリーのものを使用。
Iは先行き不安になるほどめっちゃ簡単だったけど、IIになってからはだんだん複雑に。IIIとIVも結構難しい。
と言っても理数系で考えるとものすごく単純明快なことなんだけど、それを実際自分の演奏や作曲にどう活かすかが問題。
1年のときの担当講師はめっちゃ話すのが早いけどたくさんのインフォメーションをくれた。2年目の講師は話すのがゆっくりですごくオーガナイズされた授業をするんだけど、ちょっとのんびりしてて必要な情報をあまりくれない感じ。
この科目は特に作曲する上で必須なんで、これからじっくり復習しなきゃ!

・Ear Training I~IV
必須授業。ソルフェージュ、リズムの練習を主体とし、音程や各コードやコード進行を聴き取ったりする。テキストはIはオリジナル、II~IVはバークリーのものを使用。
Iは拍子抜けするほど簡単。ソルフェージュの知識がある人ならつまんなくなるほど簡単。IIもそれほど悪くないけど、コード進行が複雑に。Iと比べるとかなり飛躍的に大変。
IIIとIVは、たくさん練習しないとついていけない。いきなりレベルが上がって、コード進行なんて「はい??」って感じ。理論的に考えるとコード進行の聴き取りはわかりやすいけど、慣れるまでかなりのトレーニングが必要。
1年のときは学年でトップレベルの成績で2年に混ざって聴講してたりしたけど、2年になってからはワークアウト不足で成績ダウン。それでも3学期目はA取ってたものの、今学期になって最悪の成績に
耳を鍛えることは音楽やる上ですんごく大事なんで、今後もたくさん練習していかなきゃ!

・Ensemble I~IV
アンサンブル、いわゆる演奏の授業。
1年次はIとIIが必須として授業に取り込まれてて、IIIとIVは自分で校内のオーディションを受ける。
1年のときは授業と別に、コーラスのアンサンブルを取ってた。2年になってからの3セメスター目はレコーディングアンサンブル取ったけど、自分にとってそれほど有意義じゃなくて途中で止めた。4セメスター目はソングライティングのアンサンブルに参加。
担当講師によっていいのとそうでないのとが分かれる。

・Rhythm I~II
1年次のみの必須教科。3連符やポリリズム、クラベなど、単純なものから複雑なものまでいろんなパターンを学ぶ。あたしが最も得意とした授業。IIはチャレンジテストにパスして、授業をスキップして単位をもらった。

・Basic Keyboard I~II
キーボード科以外の生徒は必須。1年次のみ。2年次もあって欲しいって言う要望が多かったクラス。全ての基本となる、キーボードの基礎を学ぶ。
正直グループでキーボードレッスンってのは結構無理がある気がした。授業の進め方をもう少し工夫して欲しかった。

・Computer Applications to Music I~II
1年次にやるMIDIの授業。Pro Toolsというソフトを使って、コンピューターで音楽を作る授業。
あたしはコンピューター音楽とは無縁だったんで、得たものかなり多し。ついていくのが大変だったけど、これから音楽製作をする上ですごく貴重な授業だった。

・History of Rock
1セメスター目に取った週2時間の必須授業。ロックの歴史を学ぶ。
教科書はなかなか良かったけど、授業の進め方がレイジーでかなり評判の悪かった科目。今は講師が変わってなかなかいいって聞くけど。
授業はほぼビデオを観てるだけ。教科書をちゃんと読むのがミソ。あたしにとってビデオ観ても何しゃべってるか良くわからず、教科書読むのにも時間かかり、めっちゃ成績悪かった。
歴史って苦手。。

・History of Jazz
1年次2セメスター目の授業。必須。担当講師はかなり授業計画がちゃんとしてて、たくさんのインストラクションをもらった。
History of Rockの成績を挽回しようと頑張ったけど、やっぱりあたしは読み物系、歴史系がダメらしく、同じく最悪の成績。おかしいなぁ。。

・Arranging I~II
アレンジの授業。いろんなスタイルを研究したり、楽譜の記述法を学んだりする。
講師が2人いて、あたしはイージーな方の講師にあたった。もう一人の方はアレンジに強い講師だったので、ちょっと残念。変えてもらえばよかったな。
でもそのせいで成績は良かった。いいのか悪いのか。

・Songwriting I~II
2年になってから、作曲科必須のソングライティングの授業。
歌詞の書き方、コードの乗せ方、アイディアの出し方など、歌を書く上でのテクニックを学ぶ。
最初のセメスターでは授業に瞑想の時間が入ってきたりと(アイディアを出すトレーニングとして)、意味不明なものもあった。
グループワークで曲作りなんてのもあって、それは面白かったな。
英語で詩を書くのにすごく苦労した授業。

・Film Scoring I~II
作曲科必須。フィルムスコアリング。Pro Toolsを使って映像に音楽を作っていく。
これは正直面白かった。最初のセメスターはラジオやCMなどの楽曲を製作、そして4セメスター目は映画。
4セメスター目の講師はカナダで活躍する映画音楽作曲科で、この講師から学んだものはかなり多い。
シーン別にどんなハーモニーが形成されているかや、作曲科別にその音楽を研究したり、どんなジャンルにはどんなテクニックを使用するかなど、目的を持って音楽を作ることを学んだ。
まだまだイントロダクションを学んだに過ぎないけど、今後もたくさん研究していきたい分野。

・Composition I~II
作曲科必須、作曲の授業。
この講師でこの学校の売りがあると言っても過言じゃない、才能溢れる講師。彼から学んだものはほんとにたくさんある。話すのが早くてたまについていけなかったけど。
歌モノに限らず、作曲する上でのいろいろなテクニックを学んだ。この学校に入って、最も有意義だった授業の一つ。たくさん復習して、いろんな曲を作るのに役立てて行きたい。

・Advanced MIDI Applications I~II
1年次に引き続いて、上級MIDIのクラス。選択科目。
Pro Toolsを使用して、さらにコンピューター音楽のテクニックを学ぶ。
この授業を通じて全然知らなかったMIDIの分野が多少開けたかな~。
自分でレコーディングできるようになったことはすごい進歩!
まだまだミキシングなど色んな部分が未熟だけど。

・Introduction to Technical Writing and Communications
2年次最初のセメスター、必須の英語の授業。
音楽科でなぜ英語?!と思ったけど、役に立つことたくさんあったな。
音楽業界向けのレジュメを書いたり、文法を確認したり。カナディアンと一緒にとる授業なんだけど、彼らでも文法の誤りをたくさんしてるってことがわかったのも面白かった。

・Survey of Recording Techniques
レコーディングのテクニックを学ぶ、選択授業。聴講として取ってたけど、あまりに忙しくなってきて途中でドロップした。
レコーディングスタジオに入って、レコーディングアンサンブルのクラスと同時進行。彼らがレコーディングするのをエンジニア側から見ていろいろ学ぶと言う興味ある授業だったけど、アドバンスドMIDIとダブるところも多かった。

・The Business of Music
音楽ビジネスの授業。カナダと日本じゃいろいろ異なるところも多いと思うけど、ためになる情報がたくさん。
テキストを読んだりするのが大変だったけど。あといまいち説明もよく理解できなかった。苦手とした授業の一つ。

あ~、長くなった。
こんな感じでほんと幅広い内容でした。
とりあえず全部単位取れたけど、絶対こんなん全部頭に入ってないぞ。。。
復習しなきゃ。
カレッジ留学生活2年目 | comment(2)   trackback(0)
comments
ごくろうさま!単位落とさなくてよかったね!
せっかくのネルソンだからゆったりがんばってな!
また私のBLOGにも余裕ができたら遊びにきてね
2007/04/18 03:03 | | edit posted by mika
>みかちゃん
日本での生活楽しんでるみたいだね!
次の目標に向けてそっちも頑張ってね~
あたしもこれから仕事探し頑張りますー
2007/04/18 15:46 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/607-f4199803
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。