Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 「アポカリプト」観た・・・

ルームメートが新しいDVDを買ってきたって言うんで、何の前情報もなく観た。
アポカリプト」。
movie0606.jpg
日本では今月9日先行上映、全国ロードショーは16日というこの映画。
カナダではもう公開が終わってて、DVDが出たばかり。
メル・ギブソン監督。

ちょうど晩ご飯を食べ始めると同時に見始めたこの映画。
この「メル・ギブソン監督」というところでピンと来なかったあたしは、甘かった。

冒頭シーンから、グロいです。狩りしてます。討ってます。切ってます。見せてます。

それでもマヤ文明時代の森の部族という設定で、全員がマヤ語を話すおかげで英語字幕もきっちり出てて、しかもわかりやすい。
バックに流れるドラムの音、いかにもジャングルって感じだし、エキゾチックでワイルドな雰囲気も素敵。

そんなんで一息ついて安心させたかと思うと、今度はとんでもない事態になって、最後まで突っ走ります。

もう始終
「痛っ!!」「おえっ!!」「うげっ!!」「ぎょえー!!
と悲痛な声を上げてしまうほどの残虐さ。

親が送ってくれたそうめんをのん気に食べていたあたしは、思わず吐きそうになりました・・・
そうだ、メル・ギブソンと言えば、「パッション」だった・・・。
映画館に行って、直視できなかった映画。

こういう類の映画、慣れてないんです。平和な映画しか普段観ないんですわたし。

それでも何故か最後まで見入ってしまった。多少目をそむけたけど、一度流れにスピードがついてからはもう止められなかった。

ここまで残虐でも止められなかった理由の一つは、主人公のルディ・ヤングブラッド。めっちゃかっこい~!!
しかもこの映画に出てる人たち、ほとんど素人だって!
そのせいかわかんないけど、演技と言うよりむしろ真実味があってリアル。
カメラワークもアングルも、ほんとに迫力あって凝ってて引き込まれる。

途中「あのあとはどうなった?」とか疑問に思う話の展開もあったけど、もうほんと強烈極まりない映画。
正直後半はぶるぶる震えてました寒かったせいもあるかもだけど。
あたしだったら、映画館では観れないな。でもスリル味わいたい人は絶対外せないかも。

正直、この主人公観ただけでもあたしには価値ありました
耐える姿も勇ましい姿もどれも素敵~

それにしても、次々と殺されていく喪失感・・・。侵略っていつの時代もこんな感じだったのかな。
今の時代に生まれてきてよかった。

「アポカリプト」の映画詳細、映画館情報

+++++++++++++++
応援してね!
留学・ワーホリブログランキング
人気blogランキング
留学生ブログランキング
+++++++++++++++
拍手もね!
カルチャー | comment(2)   trackback(0)
comments
あたし「パッション」自体を見たことなかったけど、あれも結構良い意味で話題になってましたよね☆今度、暇なときにでも借りてみようかな。アポカリプト。
2007/06/08 06:45 | | edit posted by mihoko
>みほこちゃん
うん、観てみて~
グロかったけど、楽しめたよ。
2007/06/12 02:51 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/648-4030c89b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。