Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 留学センターやESLに思うこと

突然だけど、今回留学サービスについて思うことを書きたいと思います!

というのも、このブログを持ってるとたまにいろんな方から問い合わせを受けるから。
留学について、音楽について、英語について、カナダについて、etc。

それに返事をしてて思ったことがあったので、完全主観だけど書いておきます。


まず、留学センター。
わたしは好きじゃありません。

でも、中には良心的なところもあるし、そういった所はいいと思う。
こっちの要望にきちんとこたえてくれる所。こっちが何を希望しているのかをしっかり考えてくれる所。情報を提供するという任務を果たしている所。納得できる料金の所。

でもですよ、日本の留学センター、たまにふざけてる。ふざけてるーっ!

わたしもカナダに来る前は出来るだけたくさんの情報が欲しくて、留学センターを訪れたことがありました。
もちろん役に立つ情報もあるし、良心的な人もいた。

でもたまにこっちの話を全然聞いちゃいない人、営業だけが目的の人、留学生全てを型にはめて見てる人、そんなんがいる。

「ワーホリで行くとなるとまずはESLに通われますよね?ホームステイ先はもうお決まりですか?」

あああーー、誰がいつ語学学校通うなんて言った?!
誰がホームステイ必要なんて言った?!

そしてさらにそのあり得ない料金。
そんなん払う金あったらホテルに住むわ。

基本的に留学センターの提供する有料サービス、頑張れば自分で出来ます。
不安だから?そんなんだったらこっちに来てからどうするっての。

ずっと昔あたしがもっと若かったとき、オーストラリアに短期留学したときがありました。
まだまだネットなんて普及してなかった頃。どんだけ昔だ。
留学センターなんてのもうちの田舎にはなかったから、本で調べたり現地の学校にFaxで問い合わせてパンフレットもらったりした。

そんで航空券を買うために地元の旅行会社に行って、保険などの手続きもしてもらった。
そこで担当の人に言われた言葉、なんか知らないけど今でもはっきり覚えてる。

「一人でこうして海外へ個人旅行するということは、誰かに頼ることなく何でも一人でこなさなきゃいけないってことですよ。
楽しいと思いますが、それだけの気持ちで臨んで、たくさんのことを得てきてくださいね」


今聞くと当たり前だけど、そん時はすっごく身に染みた記憶がある。

で、多分この言葉が今でも自分の中で生きてるんだと思う。
周りの友達も一人旅好きが多くて、みんな自分で何でもやってる人ばかりだし。

で、ESL。語学学校。
良し悪しは学校にもよると思うし、オーストラリア行ったときあたしも通った。
でもあたしは特別必要だと思わない。

結局は英語の出来ない留学生同士で固まる気がする。
自分の場合だけど、クラスメートと遊んでばっかだったもん。
要は友達作りと遊ぶために行くような気がする。

とにかく日本のサービスって、ほんと手取り足取り過ぎるよ!
ま、それもビジネスだけど。
金さえ払えばなんでもやってくれて後は知らん振り。
それがほんとに自分自身のためになるんかい?

「うちの留学センターはバンクーバーにあるので、サポート面から言ってもバンクーバー近郊の学校をお勧めしますよ」

なんでこっちの予定をあんたらのビジネスに合わせなきゃいけないのよ。

さんざん批判を書いてしまったけど、言いたいのはそういうサービスを鵜呑みにしないで欲しいということです。

学校の評価が知りたきゃ現地に直接行って見てみたり、学校に電話で問い合わせて対応を見てみたり、ネットで探して見たり、現地の人に聞いたり、いろいろできるはず。そしてその方が確かな情報が得られる。

英語が出来ないから不安、そんなんだったらもーこっちじゃ何も出来ません。
まして外国人に優しい、もしかすると世界一優しいかもしれないカナダ。
ネットさえあればどんな情報でも取り入れることの出来る今。
いろんな有料サポートで身を固めるほどのもんはないと思います。

とにかくもうすこし自分でやってやろうと言うサバイバル精神というか、ごっつい気合というか、そういうのがいいなーって思うわけですよ。
たまに「あんたはいったい何がしたいわけっ?!」って思うような甘えてばっかなダラダラした人も実際いるので。

長くなった。
みんながんばれーー

渡航準備について | comment(2)   trackback(0)
comments
エージェント
私も留学センターやエージェントは個人的にあまり好きでないです。 初めての短期留学の時には、周りにはもったいないといわれつつ、初めてのカナダだったので”安心を買うため”にエージェントを使いました。担当スタッフは極端な話、お金を払うまではとても親切、でも気になったのは留学に関係ないプライベートな話が多い(多分仲良くして信頼を得たいのか)、でもこちらからするとなんでそんな事ここで話さないといけないの、と思ったり、また、安心を買う意味で使った留学センター、前日まで航空券の事がわからず、しかもサービスのひとつに前日にはいってらっしゃいの電話がかかってくるはずなのに、休業日やらで電話はなし、でも航空券の事が不安なので問い合わせても留守番電話、結局何もわからないまま空港へ行き、当日の朝か何かに航空券のこと教えてもらいました。  その経験からワーホリは全て自分で調べ、準備して、その結果とても充実して満足のいく1年を過ごす事が出来ましたし、日本人の友達もいたけどカナダ人の友達も沢山できました。 
航空券で思い出したのですがワーホリ出発の時は航空券を予約した旅行代理店の手違いで知らされていた飛行機の時間が間違ってるという事もありました。 幸い知らされていたのより遅い出発だったので飛行機にはのれましたが、何を利用するにしても最終的には自分で確実な情報を調べないといけないんだなーって思いました。 その時も旅行代理店から聞いた時間だけじゃなくてエアカナダのウェブサイトで変更がないかとか、確認しておけばよかったんですよね。
でもこういった経験が身になり、次に何かをする時の力になっていくんですよね、きっと^^
2007/08/24 04:21 | | edit posted by ohayo-canada
>ohayo-canadaさん
一概には言えないけど、そういう留学センターがあるってこと事実ですもんね。
ほんと他人任せの気持ちを植えつけるような営業の仕方、よくなーい!
中にはいいとこもあるんですけどねー。
まず自分でなんとかせにゃ。
2007/09/07 20:14 | | edit posted by つっちー
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/670-cbe22851
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。