Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 ヴォーカルクリニック

今日はカレッジでアーティストを招いてのクリニック。
今年に入ってから結構クリニックあるな。いいことだ!

来校してくれたのは、ジャズシンガーのDee Daniels。つい先日まで日本ツアーしてたみたい!
歌うときの注意点やシンガーの心構え、テクニックなどをすごく詳しく説明してくれた。
そして夜はうちの学校の講師たちをバックにライブ。
さっき終わって帰ってきた。

彼女はとってもいいエナジーを持ってる。周りが気持ちよくなるというか、常に自然な笑顔を絶やさずにユーモアたっぷりに話す。
サラ・ヴォーンとステージに立ったこともあるようで、そう言われてみると彼女の声もちょっと似てる。
ほんと聴いてて観てて笑顔になるようないいステージだった。

ヴォーカリストとして前に立って歌うのに必要なもの。
自分のZipを開くこと。
Story tellerになること。
目を閉じず観客を見ること。
歌の物語だけではなく、自分がどこにいるかも想像すること。
観客をステージに招き入れること。実際にじゃなくて。気持ちの上で。
そして自分の殻に閉じこもらずに観客をもてなすこと。

実際ステージに立つとへたしたら自己防衛するというか、自分の世界だけになってしまう場合もある。
ミュージシャンが主役なんじゃなくて、聴き手が主役。
言ってみれば当たり前のことなんだけど、何よりも大事なのは聴いてくれている人に伝えること。

うん、いいクリニックでした。いっぱい歌いたくなった。

カレッジ留学生活3年目 | comment(0)   trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/680-336c0f51
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。