Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 商品詐欺

隣の部屋に住むハウスメイトの女の子が毎晩毎晩女友達を連れ込み、実はレズなんじゃないかと疑っている今日この頃のつっちーです。

早いもので、バンフに移って来てからもう一ヶ月経ちました。
やっと基盤が整って来た感じです。と言ってもまだやらなきゃいけないことはたくさんあるんだけど。

仕事は、ダウンタウンのとあるお店で働いてんるんだけど、ここはバンフ。さすがにお客はワールドワイドです。
アメリカ、ノルウェー、ドイツ、フランス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツ、はたまたドバイまで、ほんっといろんなバリエーションのお客が来る。
あらゆる国のアクセントもあり、聞き取るのもテクニックが必要だったり。

もちろんみんながみんな英語話せるわけでもなく。

フランスから来たおばちゃん団体。まったく英語が出来ない。
商品の説明をしたところでもちろん通じない。

昨日来たドイツ人らしきおばはんはすごかった。彼女も英語全く通じず。
20ドル受け取って8ドルちょいの会計を済ませ、レジのスクリーンにおつりの値段約12ドルが表示されたところで発狂。
どうやら会計が12ドルだったと誤解したらしい。

「@#%&*^$%*&@!!!!」

と何やらまくしたて、釣りをもらう前から怒って返品するというそぶりを見せる。

「これはおつりの値段ですよ!」
とレシートを見せて説明してもまだ発狂。
今度は7ドルいくらだった商品に税金が追加されて8ドルになっているのが納得行かないらしい。
これは詐欺だ、こんなの買えないとまくしたてているらしい。

そこで友達らしきちょっと英語がわかるおばちゃんが店に入って来て、事情を悟って彼女に説明。
それでもまだ発狂しているおばはん。
しばらくしてからようやく理解したらしく、恥ずかしそうに謝って商品受け取って帰って行きました。

あー疲れる。

そんなんでも、いろーんな人と話せてなんだかんだ楽しかったりしてます。
世界は楽し。

おやすみなさーい。
バンフ'09年 | comment(0)   trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/811-37dda295
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。