Banff, AB

Japan
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | -  -

 夜行バス

ちょっとした用事で、東京行って来ました。

夜行バス往復で行ったのですが、なんていうんでしょう、なんかやっぱ日本のサービスって過剰というか、行き過ぎというか、そこまでしなくてもいいよって思うのが多々あって、それが夜行バスとなるとほんっとーーーーに
イラッ
としてしまう。

まずバス内のアナウンスのくどいことくどいこと。
ただでさえ安眠できない、寝心地がすさまじく悪い車内で懸命に眠りにつこうとしているのにもかかわらず。

かかわらずーーー!!!

「お客様、車内の方は快適でございましょうか。具合が悪い方は、絶対に無理せず係の者にお伝えくださいませ。次の停車まであと何分でございます。近くなりましたらまたご案内申し上げます。。それまで、ごゆっくりとお休みくださいませ。。延々」

「お忘れ物が大変多くなっております。お降りになる際は、ブランケット、網棚、座席の下、etc etcなど、今一度ご確認くださいませ。特に、ipodなどの物がどこそこに落ちている例や、etc etc.... 延々」


出発時、2度3度のトイレ休憩、そして各停車地に着くたびに

大音量のマイクで!!
それが延々と少なくても5分以上繰り広げられる!!!


うっるっさーーーーーい!!!

一言に凝縮できそうな案内、5分以上延ばすなっちゅーに!!!
しかもそんなでかい音量じゃなくても十分聞こえるわ!!!

本当に座席からとか投げつけてやりたくなりました。

カナダのグレハン、サービスが良いとは絶対 絶 対 言わないけど、
むしろこっちより良く寝れた気がする。
運転手とか、超ほったらかしで必要以上なことアナウンスしないし。
ある意味気をつけてないと停車地逃すけど。

バスじゃないけど、フードコートでたこ焼き買ったときとか
「どうぞ、おいしく召し上がれますように」
なんて超事務的に笑ってない目で言われても。
別に口先だけの事務的なサービスならいらないのに。

前、冬にカナダのグレハンでバンフからバンクーバーまで行った時、夜中一人の客が、延々と大声で誰かれ構わずしゃべりまくってた。
運転手がそれに対して冷静に
「そこのあんた。みんな寝てるんだから静かにしてくれないか。」
と注意してたんだけど、ちょっと経つとまたうるさくなった。
「もう一度警告するが、静かにしないんなら次の停車地で降りてもらう。」
と運転手。
なんだか面白いことになりそうだと思ってドキドキしながら経過を見てたんだけど、そんな運転手の警告も聞かず、しばらくしてまた声を出し始める客。
多分酔っぱらってたか、ラリってたか。

そしたら次の停車地でバスを停めた運転手、ついにキレて後ろの座席へすたすた歩いていき
「さあ、警告通り降りてもらおうか!」

もちろん客は反発し、「ふざけんな、こんな寒い夜中に追い出されてどうしたらいいって言うんだ!殺す気か!」とか言ってたけど
「んなこた知らん。お前が悪い。数時間後に来る次のバスにでも乗れ。ごちゃごちゃ言わず早く降りろ!」
ほんとに深夜過ぎの誰もいない雪ん中に放り出した。。
かっこいい。。。。。

放ったらかしのサービスに慣れて来た頃に日本に戻ると、まるで小学生でもなった気分。至れり尽くせりのサービス。感動するときもあるけど、過剰って思うときもたくさんある。
なんか、丁度間くらいが心地いいのになあー。
日本'10年10月~ | comment(0)   trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://giriholi.blog2.fc2.com/tb.php/960-baf0acc0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。